福岡市天神のケンジントン英会話スタッフのご紹介‏

At Hakata Station, a foreign tourist asked me for directions. I ran away saying, “Sorry, I can’t speak English!”(I was speaking English, though.) I’d studied English until I graduated from university, but…I got so frustrated, then in a few days, I started learning at an eikaiwa school.
Seven years later, when I saw a worried-looking foreign tourist in Tenjin, I spoke to her and told her how to get to Hakata Station in English. That was the moment I realized my English stepped out of “the world of classroom English” into “the world of practical English.” After that, I continued to learn and changed jobs so that I could use English some more. A couple of months ago, I met Tim and Jaimie and was offered a job at Kensington and after hearing their vision for the future I was completely blown away, I now have a feeling of being part of something really special and I am sure that once you come and meet us, you will feel so too.
I’m not only the staff here but also a learner, so I’m hoping I’ll be able to help you more thoughtfully and considerately.
Tomoyo Yamashita

博多駅で、外国からの旅行者に道を尋ねられた私。「すみません、英語、話せないので!」と言いながら走り去りました(英語、話していますが)。大学を出るまで英語はずっと勉強していたのに・・・あまりの悔しさに、数日後にはもう、英会話教室の生徒になっていました。
それから7年後、天神で、お困りの外国人旅行者に自分から声を掛け、博多駅への行き方を英語で説明できた私。自分の英語が「教室英語の世界」から「実用英語の世界」へ踏み出せたと感じた瞬間でした。その後も教室通いを続け、より英語を使う職場へとシフトしていきました。数ヶ月前にティム先生とジェイミー先生にお会いし、ケンジントンスタッフのお話を頂いた時、先生達の今後の展望を聞いてひたすら圧倒されました。とても素晴らしいプロジェクトに参加していると感じていますし、きっと皆様にも、ケンジントンにお越し下されば、同じように感じていただけると思います。
スタッフであるのと同時に、一学習者でもあるので、より親身になって生徒様のサポートができればと願っております。

山下智代