やりたい事のために、時には必要なこと。

Business English

Sometimes you just need to want it more

Another Monday and another blog about how I approach management.

I’ve heard many times in Japan that managing foreign workers is really tough and definitely much harder than managing Japanese workers. When we started Kensington I thought so too. I found foreign workers more selfish, less willing to do what was asked of them, more demanding and generally much harder to control and manage.

I don’t think so anymore, actually I now think that managing foreign workers in companies that value their staff is much much easier than managing Japanese workers.

Of course, I admit that it may be because of my inability to effectively communicate with Japanese people and my not fluent Japanese ability, but I find that generally speaking our foreign staff are much better communicators than our Japanese staff.

It’s very easy to know how they feel, what they are thinking and what their targets are because they are communicating all of the above quite clearly and directly to me when we meet. I know when they are angry, when they are upset and I know what made them feel that way. Do I always agree with them? No, of course not but knowing what drives their emotions is so useful when deciding their role in our company.

Japanese workers? Mmmmm not so much honestly, of course there are exceptions, some of our Japanese staff speak their mind very directly but sometimes I find communicating with our Japanese staff very hard as I have no idea what they are thinking.

An example that I will always remember is one of our full-time assistant teachers whom I valued very highly and wanted to keep with us in our company for a long time. In our regular private meeting she said to me that she thought that she didn’t think she was doing a good job and asked me whether it would be a better idea to change to part time.

She was actually doing a fantastic job at the time and I was really surprised by her comment. I thought it was some kind of “Japanese modesty” that foreign people don’t have 😃 and told her not to be nuts, she’s doing an excellent job and we couldn’t be happier with her performance at the moment and we expected her to grow and get even better over time.

Well in fact her comment meant that she wasn’t entirely happy with her job and she was thinking of quitting. Her English is excellent so my complete misunderstanding of her thoughts and emotions wasn’t because of some language barrier but because of a cultural barrier I still face after about 20 years in this country.

I know I need to get better at communicating with our Japanese staff and I know that we need to work hard to create a culture where everyone understands that communicating directly is what is expected of them.

When you meet me at our private lessons, please let me know what you think! What am I doing wrong, how can I get better? What did I miss in my meeting with our assistant teacher?

Tim

ビジネス英会話

やりたい事のために、時には必要なこと。

また月曜のブログがやって来ました。今日は私がマネジメントをする方法について話しましょう。

日本で外国人をマネジメントするのは至難の業で、日本人をマネジメントするのと比較するとかなり難しいと何回も聞いたことがあります。ケンジントン英会話を始めた時は私もそう思いました。外国人の働き手はより利己的で、頼まれたことを積極的に行わず、要求が多く、コントロールや管理が難しいと感じました。しかし今ではそうは思いません。実際には、社員を大切にする企業では、彼らをマネージメントする事は日本人をマネジメントするよりもずっとずっと簡単だと思います。

日本人はどうでしょうか?うーん、正直なところ、そう簡単ではありません。もちろん例外的に、考えをとてもダイレクトに言ってくれる日本人スタッフもいます。しかし、私は時々、彼らが何を考えているのかわかあらず、コミュニケーションを取るのがとても難しいと思う時があります。

もちろん、私が日本人とうまく日本人とコミュニケーションを取る事ができなかったり、日本語を流暢に話せないことなども理由のひとつです。しかし、一般的に我々の外国人のスタッフは日本人のスタッフよりも多くコミュニケーションを取ります。

これによって、彼らがどう感じているか、何を考えているか、目標は何かを簡単に知ることができます。私達は会った際には、とても明確に、ストレートにコミュニケーションを取ります。彼らが怒っている時、戸惑っている時、私は、何が彼らをそうさせているのかを知ることができます。いつでも彼らに同意しているのかというと、もちろんそうではありません。しかし、彼らの感情を動かしているのが何なのかを知ることは、企業での役割を決定する際に、とても役に立ちます。

例えば、私は1人のフルタイムのアシスタント講師のことをいつも思い出します。私は彼女のことをとても評価しており、私達のスクールで長く働いて欲しいと思っていました。しかし彼女はある定期的な個人面談の際に、良い仕事ができていないと思うので、パートタイムに変更した方がいいのではないかと相談して来ました。

実際、その時の彼女はとても素晴らしい仕事をしており、私は彼女のコメントにとても驚きました。外国人には無い、「日本人の謙遜」だと思い、馬鹿な事を言ってはいけません、あなたは今でもとてもいい仕事をしていて、今後もさらに成長する事を期待していると伝えました。

でも実際には彼女のコメントは、仕事があまり幸せではなく、辞めたいと思っているという意味だったのです。彼女の英語は素晴らしく、日本に来て20年経った今でさえ、言葉の違いではなく、文化の違いのせいで、彼女の思いや気持ちを完全に誤解してしまったのです。

私は日本人のスタッフとのコミュニケーションをさらに良くして行く必要があるとわかっていますし、考えている事をもっとダイレクトに伝えてみんなが理解できるコミュケーションのカルチャーを作るために力を入れなくてはいけないと思っています。

プライベートレッスンでお会いした際に、あなたの考えを聞かせて下さい!私の間違いはなんでしょうか?どうすればもっと良くなるでしょうか?どうすればあのアシスタント講師を失わずに済んだのでしょうか?

ティム

 

 

 

◆インスタ再開しました🎊ぜひフォローしてください。
📷インスタはこちら
◆ケンジントンのオリジナル学習ビデオをYouTubeにて配信中です。
📺ぜひチャンネル登録して最新動画をチェックしてください!
◆Kensington英会話のサイトはこちら
◆お問い合わせはこちら

◆ ブログランキング参加中 ◆ お役に立ちましたらクリックをお願いしますHave a nice day!
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ

==============================

ケンジントン英会話
赤坂本校
〒810-0042
福岡市中央区赤坂1-12-3
ブラウンコーポ大津202
Website

西新校
〒810-0054
福岡県福岡市中央区今川2-3-48 アートビル202
TEL 090-2095-8124
Website

薬院校
〒810-0013
福岡県福岡市中央区大宮2-1-31 U/TERRACE 103
TEL 090-4346-9158
Website

六本松校
〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松二丁目12-8
ロマネスクL六本松205
TEL 080-8363-5246
Website

姪浜校
〒819-0006
福岡県福岡市西区姪浜駅南1丁目5-20
コンフォール香洋402号
TEL 080-8363-5246
Website

ケンジントンキッズアカデミー
桜坂校
〒810-0024
福岡中央区桜坂1-6-33
ネズバン桜坂401
薬院校
〒810-0013
福岡県福岡市中央区大宮2-1-31 U/TERRACE 105
TEL 080-8363-5246