カテゴリー別アーカイブ: Tamiyo

「expect」「hope」「wait」の違い【例文つき】

ケンジントン英会話ブログ:「expect」「hope」「wait」の違い【例文つき】

タミヨ先生

expect」「hope」「wait」は、英語学習者にとってわかりづらく、間違って使われることがよくあります。
日本語を含むいくつかの言語では、これらの単語が区別されずに一つの単語として話されることがあるからです。
expect」「hope」「wait」は未来の出来事を指しますが、正確には同じ意味ではありません。

それでは、それぞれの動詞について詳しく見ていきましょう。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

「expect」の意味と使い方

ケンジントン英会話ブログ:「expect」「hope」「wait」の違い【例文つき】

ここでは「expect」の意味やさまざまな使い方についてご紹介していきます。

主なパターン

expect」は、何かが起こると予想していることを表現するために使います。

主に以下のパターンで使われます。

【expect + 目的語】
She’s expecting her first baby.
(彼女は初めての赤ちゃんを妊娠中です。)

【expect + to不定詞】
At the end of every month, employees expect to be paid their salary.
(月末に従業員は給料が支払われることを予想しています。)

【expect + that節】
We expected that the hotel would have much better rooms.
(私たちはホテルにはもっと良い部屋があると予想していました。)

【expect + 目的語 + to不定詞】
We expected the hotel to have a restaurant.
(ホテルにはレストランがあると予想していました。)

「〜だろうと思う」

expect」は「think (思う)」または「suppose (〜だろうと思う)」という意味でも使われます。

A: Will she have arrived in London by now?
(彼女はもうロンドンに到着しているでしょうか?)
B: I expect so.
(そうだと思います。)

A: Will Joe be here at Christmas?
(クリスマスにジョーはここにいるでしょうか?)
B: I expect so.
(そうだと思います。)

否定形

何かが起こらない、または真実でないと予想する場合、「expect」を否定形で使うことが多いです。

I don’t expect she will pass the exam.
(彼女が試験に合格するとは思いません。)

 

「hope」の意味と使い方

ケンジントン英会話ブログ:「expect」「hope」「wait」の違い【例文つき】

hope」は、何かが起こることを望んでいる、または何かが真実であることを望んでいるときに使います。

以下のパターンで使われます。

【hope + to不定詞】
We hope to see you all next summer.
(来年の夏に皆さんにお会いできることを願っています。)

【hope + that節】
I hope that your Dad recovers quickly from his illness.
(お父さんが早く病気から回復されることを望んでいます。)

【hope + for】
Hope for the best, and prepare for the worst.
(最善を望み、最悪に備える。[備えあれば憂いなし] )

また、「hope」は、将来に対する善意や願いを表現するために使われます。

❌ I wish we can see each other soon.
⭕️ I hope we can see each other soon.
(すぐに会えることを願っています。)

❌ I wish you enjoy your stay in Brazil.
⭕️ I hope you enjoy your stay in Brazil.
(ブラジルでの滞在を楽しんでください。)

 

「wait」の意味と使い方

ケンジントン英会話ブログ:「expect」「hope」「wait」の違い【例文つき】

wait」は、何かが起こるか誰かが来るまで時間が経過するのを待つことを意味します。

主に以下のパターンで使われます。

【wait(命令形)】
It’s raining. Just wait here while I get the car.
(雨が降っています。私が車を取ってくるまでここで待っていてください。)

【wait + for】
Martha applied for an internship and she’s waiting for a reply.
(マーサはインターンシップに応募して返事を待っています。)

【wait + to不定詞】
When the band arrived at the concert hall, screaming fans were waiting to get a snapshot of their favourite member.
(バンドがコンサートホールに到着すると、叫び声を上げるファンがお気に入りのメンバーの写真を撮るために待っていました。)

【wait + for + 目的語 + to不定詞】
We’re waiting for him to make up his mind and sign the papers.
(私たちは彼が決心して書類にサインするのを待っています。)

 

よくある間違い

ケンジントン英会話ブログ:「expect」「hope」「wait」の違い【例文つき】

ここでは間違われやすい「wait」「expect」について解説します。

予想や期待している時は「wait」ではなく「expect」

何かが起こることを予想/期待していることを「wait」または「wait for」を使って表現することはありません。その場合は「expect」を使います。

❌ People usually wait to be treated equally everywhere they go, unfortunately that’s not always the case.
⭕️ People usually expect to be treated equally everywhere they go, unfortunately that’s not always the case.
(人々は通常、どこへ行っても平等に扱われることを予想していますが、残念ながらそれがいつも当てはまるわけではありません。)

時間経過には「wait」

何かが起こることを望んでいるときに、時間の経過を指して「expect」を使うことはありません。

❌ I look forward to hearing from you soon, and I expect anxiously for a positive answer.
⭕️ I look forward to hearing from you soon, and I wait anxiously for a positive answer.
(近いうちにご連絡をお待ちしております。また、前向きな返事を心待ちにしています。)

「expect」と「wait」は間違いやすい

「wait」を使う時は、それは何かが到着するまで同じ場所に留まるか、何かが起こるまで何かを遅らせていることを意味します。

❌ The dog sat at the entrance and expected patiently for his owner.
⭕️ The dog sat at the entrance and waited patiently for his owner.
(犬は入口に座り、飼い主を辛抱強く待っていました。)

❌ Stop expecting for things to happen. Make them happen!
⭕️ Stop waiting for things to happen. Make them happen!
(何かが起こるのを待つのはやめましょう。自分で起こしましょう!)

 

まとめ

これらの3つの動詞をすぐにマスターする必要はないと思いますが、この記事がお役に立てたら嬉しいです。
学習中に何かを間違えるのは普通です。練習が完璧を作ります。
これらの動詞がレッスンで使われるのが楽しみです!

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Expect, hope or wait?

‘Expect’, ‘hope’ and ‘wait’ are often confused or misused by learners of English because in some languages, including Japanese, they are translated as the same. These three verbs refer to future events. However, they do not have exactly the same meaning. Let’s have a close look at them.

expect

1. We use expect to say that we believe that something will happen.
We use expect in the following main patterns:

・expect + object: She’s expecting her first baby.
・expect + to-infinitive: At the end of every month, employees expect to be paid their salary.
・expect + that-clause: We expected that the hotel would have much better rooms.
・expect + object + to-infinitive: We expected the hotel to have a restaurant.

2. Expect also means ‘think’ or ‘suppose’.

A: Will she have arrived in London by now?
B: I expect so.

A: ‘Will Joe be here at Christmas?’
B: I expect so.

3. When we expect that something will not happen or is not true, expect is most commonly used in a negative form:

I don’t expect she will pass the exam. (preferred to I expect she won’t pass …)

hope

1. We use the verb ‘hope’ when we want something to happen or would like something to be true. We use hope in the following patterns:

・hope + to-infinitive: We hope to see you all next summer.
・hope + that clause I hope that your Dad recovers quickly from his illness.
・hope + for: Hope for the best, and prepare for the worst.

2. We use hope to express good intentions and wishes for the future:

I hope we can see each other soon.
Not: I wish we can see each other soon.

I hope you enjoy your stay in Brazil.
Not: I wish you enjoy your stay in Brazil.

wait

When we ‘wait’, we let a period of time pass until something happens or someone comes.
We use wait in the following main patterns:

・wait (imperative): It’s raining. Just wait here while I get the car.
・wait + for: Martha applied for an internship and she’s waiting for a reply.
・wait + to-infinitive: When the band arrived at the concert hall, screaming fans were waiting to get a snapshot of their favourite member.
・wait + for + object + to-infinitive: We’re waiting for him to make up his mind and sign the papers.

common mistakes

  • ・We don’t use wait or wait for to say that we believe that something will happen. We use expect:
    People usually expect to be treated equally everywhere they go, unfortunately that’s not always the case.
    Not: People usually expect to be treated … 

  • ・We don’t use expect to refer to time passing when we are talking about something that we hope is going to happen:
    I look forward to hearing from you soon, and I wait anxiously for a positive answer
    Not: … and I expect anxiously a positive answer. 

  • ・Don’t confuse expect with wait for. If you are waiting for someone or something, you are remaining in the same place or delaying doing something until they arrive or happen.
    The dog sat at the entrance and waited patiently for his owner.
    Not: …. expected patiently for his owner.
    Stop waiting for things to happen. Make them happen!
    Not: … Stop expecting for things to happen. Make them happen!

Conclusion

We don’t expect you to master the use of of the three verbs at once but we hope this article to be useful. It’s completely normal to make mistakes while learning, after all practice makes perfect. We can’t wait to see you using these verbs in the classroom!


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

「Do you want …」「Would you like…」「Shall we…」の使い方

ケンジントン英会話ブログ:「Do you want ...」「Would you like...」「Shall we...」の使い方

タミヨ先生

英語には誰かを何かに招待したり、何かをするように促す表現がいくつかあります。
今回はその中でも「Do you want …」、「Would you like …」、「Shall we …」の3つに焦点を当てたいと思います。

「Do you want …」と「Would you like …」の違い

誰かを何かに招待する時、英語ではその人がどうしたいかを尋ねます。
フォーマルな表現では「Would you like (to)」、カジュアルな表現では「Do you want (to)」が使えます。

Do you want …

Would you like …

カジュアル (家族、友人、同僚)

相手をよく知っていて、同じレベルで話している場合に使います。フレンドリーでカジュアルです。

フォーマル (新しいクライアント、顧客、上司) ビジネスシーンでは最も安全な選択です。
Do you want to come to dinner on Friday night? Would you like to come to dinner on Friday night?
Do you want to go for a coffee? Would you like to go for a coffee?
John, do you want some cake? John, would you like some cake?
Do you want something to drink? What can I get you?’  would you like something to drink? What can I get you?’ 

 

「want to (wanna) …?」の使い方

ケンジントン英会話ブログ:「Do you want ...」「Would you like...」「Shall we...」の使い方

want」はフレンドリーでカジュアルな表現 (話している人たちは同じレベルで、誰も他の人を指揮していない、階層がない状態) ですから、Webサイトや販売ページで使われ、よく「do you」が省略されます。
この表現は、私たちは友達(または友達になれる関係)で、私は味方ですということを表しています。

[例文]
Want to
learn more about this? Join our next online course!
(この件についてもっと知りたいですか?次のオンラインコースに参加しましょう!)

Want to discover several exciting ways to grow your business? Click on the link below.
(ビジネスを成長させるいくつかのエキサイティングな方法を発見したいですか?以下のリンクをクリックしてください。)

Want to be a fluent in English and meet exciting people? Join our school!
(英語が堪能になり、エキサイティングな人々と出会いたいですか?私たちの学校に参加しましょう!)

 

「Shall we …?」の使い方

ケンジントン英会話ブログ:「Do you want ...」「Would you like...」「Shall we...」の使い方

Shall we …?」は、イギリス英語で提案をするときによく使う表現です。
これは提案をし、相手の意見を知りたいときに使います。

[例文]
Shall we
go for a walk?
(散歩に行きませんか?)

Shall we try that new Italian restaurant?
(その新しいイタリアンレストランを試してみませんか?)

 

shall」に対する一般的な答え方は「Yes, let’s.」です。
これは「Yes, we shall.」よりもよく使われます。

[例文]
A:
Shall we stop now?
(今、終わりにしましょうか?)

B: Yes, let’s.
(はい、そうしましょう!)

 

shall we」は、「let’s」の付加疑問文を作る時にも使われます。

[例文]
A:
Let’s invite the neighbours over for dinner at the weekend, shall we?
(週末にご近所さんを夕食に招待しませんか?)

B: Yes, let’s!
(はい、そうしましょう!)

shall we …」はとてもイギリス英語的で、カジュアルな場面でもフォーマルな場面でも使えますが、イギリス以外の英語圏の方からすると少しフォーマルに聞こえることがあります。
旅行やホームステイをする際は自分で判断し、「in Rome do as Romans do (郷に入っては郷に従え )」に従ってください。
あまりその表現が使われていないことに気づいたら、他の表現を試してみてください。

 

まとめ

英語には誰かを招待する時に使える表現がいくつもあります。
基本的なものから練習を始め、自信がついてきたら(そして英語圏の文化を理解するにつれて)、他の表現をあなたのボキャブラリーに取り入れていきましょう。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Do you want … /  Would you like… / Shall we…

In English there are several expressions for inviting someone to something or to do something. This time let’s focus on three of them:
“Do you want…”, “Would you like…” and “Shall we”…

“Do you want…” and “Would you like…” difference

When we give somebody an invitation, we ask if they would like to go somewhere or do something or have something. We can use the formal phrase would you like (to) and the more informal phrase do you want (to):

Do you want….

Would you like…

Informal (family, friends, colleagues)

you know someone well and you’re talking on the same level. It’s friendly and informal. 

Formal (new client, your customer or your boss)
It’s the safest choice in a business situation.
Do you want to come to dinner on Friday night? Would you like to come to dinner on Friday night?
Do you want to go for a coffee? Would you like to go for a coffee?
John, do you want some cake? John, would you like some cake?
Do you want something to drink? What can I get you?’  would you like something to drink? What can I get you?’ 

want to (wanna)…? 

Because “want” is more friendly and informal (you’re talking on the same level, no one is in charge of the other person, there is no hierarchy)  it is commonly used on websites and sales pages (omitting “do you”). You’re saying ‘we’re like friends (or we could be). I’m on your side’:

“Want to learn more about this? Join our next online course!”

“Want to discover several exciting ways to grow your business? Click on the link below.”

“Want to be a fluent in English and meet exciting people? Join our school!”

“Shall we… ?”

“Shall we… ?” is a common way of making suggestions in British English. It means you are making a suggestion and you want to know  the other person opinion about it. 

“Shall we go for a walk?”

“Shall we try that new Italian restaurant?”

A common answer to “shall”  would be “Yes, let’s.”, rather than “Yes, we shall.”
A: Shall we stop now? B: Yes, let’s.

Shall we is also the tag question in sentences with “let’s”

A: Let’s invite the neighbours over for dinner at the weekend, shall we?

B: Yes, let’s!

Keep in mind that “shall we…” is very British, used in informal as well formal situations. In some English speaking countries, however, it sounds a bit formal. 

When travelling or doing a homestay, make your own judgment and as the proverb says: “in Rome do as Romans do”. If you notice it is not often used, try other expressions.

Conclusion:
In the English language, there are several expression to invite someone or to make invitations. Start practicing with the basic ones and as you increase your confidence (and your understanding of the English speaking countries cultures) incorporate other sentences into your vocabulary.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

Gender equality (ジェンダー平等)について英語で解説

 

Gender equality (ジェンダー平等)について英語で解説

タミヨ先生 (初投稿!)

こんにちは!今日はタミヨ先生の初のブログ投稿です!
昨今、話題になっているジェンダーについて英語で解説しています。
多読にぜひご利用ください♪

International Women’s Day (IWD) is observed annually on March 8th. celebrating the social, economic, cultural and political achievements of women around the world.
Although women in Japan are recognized as having equal legal rights to men, the reality shows a very different situation. According to the 2023 World Economic Forum Global Gender Gap Report, Japan ranked 125th out of 146 countries in terms of gender equality — the lowest among G7 countries and in the East Asia and Pacific region

Gender equality

Gender equality means that women, men, boys and girls of all classes and races have equal value and access to opportunities and resources, socially and economically.

On the contrary gender inequality is discrimination on the basis of sex or gender causing one sex or gender to be privileged or prioritized over another.

Gender equality does not imply that women and men are the same, but that they have equal value and should be given equal treatment.

There are many ways to promote gender equality in daily life, from splitting up household chores equally to fighting gender stereotypes. 

Gender equality in education benefits every child within the school system. Girls who receive an education have a higher likelihood to earn higher incomes and building better futures for their families.

Gender Equity

Gender equality (ジェンダー平等)について英語で解説

Home is the first place where children learn gender discrimination. Girls are typically taught that women are responsible for cooking, cleaning, washing clothes and other household chores. One way parents can practice gender equity in the home is by assigning chores to their children of all genders equally.

Gender equity in the workplace means that men, women and all gender identities have the same opportunities, including promotions, leadership roles, projects and  salary.

“Kyushu guys” (九州男児)

Growing up in Brazil my sisters and I had constant clashes with my dad, who was from Nagasaki. He used to say that household chores was women’s task (女の仕事). When I first came to Japan, I lived and worked in Nagasaki, and I was shocked to learn and experience “Kyushu guys” (九州男児) culture. Women had to prepare tea around 3pm for everybody in the department!
If you were invited to someone’s house, it was the wife sole work to serve everyone including the husband! I was told an exemplar women and good hostess does everything: “女性は動く”. Only then I could understand my father’s attitude.

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[日本語訳]

国際女性デー(IWD)は、毎年3月8日で、世界中の女性の社会的、経済的、文化的、政治的な成果を祝います。

日本の女性は法的に男性と平等な権利を持っていると認識されていますが、実際は非常に異なる状況を示しています。
2023年の世界経済フォーラムのグローバル・ジェンダーギャップ・レポートによると、ジェンダー平等の面で日本は146カ国中125位にランクされました。G7の中で最下位であり、東アジアおよび太平洋地域でも最下位です。

ジェンダー平等

ジェンダー平等とは、すべての階級や人種の女性、男性、少年、少女が社会的にも経済的にも平等な価値と機会、リソースへのアクセスを持つことを意味します。

反対に、ジェンダー不平等は性別に基づく差別であり、ある性別が他の性別よりも優遇されたり、優先されたりすることです。

ジェンダー平等は、女性と男性が同じであることを意味するのではなく、同等の価値を持ち、平等な扱いを受けるべきであることを意味します。

家事を平等に分担することから、ジェンダーに関するステレオタイプと戦うことまで、日常生活でジェンダー平等を推進する方法は多岐にわたります。

教育におけるジェンダー平等は、学校内のすべての子どもに利益をもたらします。教育を受けた女の子は、より高い収入を得る可能性が高く、家族のより良い未来を築く可能性があります。

ジェンダー公平

家庭は子どもたちがジェンダー差別を学ぶ最初の場所です。
女の子たちは一般的に、料理、掃除、洗濯、その他の家事は女性が担当すると教えられています。
親が家庭でジェンダー公平を実践する方法の一つは、すべての性別の子どもに平等に家事を割り当てることです。

職場におけるジェンダー公平とは、男性、女性、そしてすべてのジェンダーアイデンティティが、昇進、リーダー、プロジェクト、給与などに対して同じ機会を持つことを意味します。

九州男児

ブラジルで育った私と姉たちは、長崎出身の父と常に衝突していました。
彼は家事は女性の仕事だと言っていました。
日本に初めて来たとき、長崎で生活し働いていた私は、「九州男児」文化を経験し、衝撃を受けました。
部署のみんなのために午後3時ごろにお茶を用意しなければならない女性たちがいました!
誰かの家に招かれた場合、夫を含む全員に仕えるのは妻の仕事でした!

私は「模範的な女性、訪問者をもてなす上手な主婦は、すべてをこなすものだ」と教えられました。
「女性は動く」
そのとき初めて、私は父の態度を理解することができました。


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム