Happy Birthday to Kensington! – 祝ケンジントン英会話10周年!

こんにちは、みなさん!

今月(5月10日)、ケンジントン英会話は10周年を迎えました。
少し遅れましたが、ハッピーバースデー!

長く通ってくださっている生徒さんは(中には設立したての頃からの方もいますね)、私たちが舞鶴の小さなアパートからスタートしたことをご存知だと思います。
私たちは素晴らしい生徒さん、講師・スタッフのサポートのおかげで、設立して10年経った今もなおここにあり、コロナ禍という大きな困難を乗り越えながら、これまで以上に忙しく過ごしています。

長々とした昔話で退屈させたくはないので、節目のお祝いにふさわしく、若くてパーティーのような初期の頃から、今日の大人バージョンに至るまでの写真をいくつか引っ張り出してきました。
写真がたくさんあったので選ぶのは簡単ではありませんでしたが、これまでのケンジントン英会話の様子を振り返ってみましょう。

ケンジントン英会話ブログ:Happy Birthday to Kensington! - 10周年おめでとう!
What is the purpose of your visit (あなたの訪問の目的は?)

ケンジントン英会話ブログ:
Humble beginnings (ささやかな始まり)

ケンジントン英会話ブログ:
Youthful exuberance! (若々しい活力!)

ケンジントン英会話ブログ:
Rina and Aya! (リナとアヤ!)

ケンジントン英会話ブログ:
Young but fun school (若いながらも楽しい学校)

ケンジントン英会話ブログ:
Oh dear (おやおや)

ケンジントン英会話ブログ:
Tough times through covid (コロナ禍の厳しい時期)

ケンジントン英会話ブログ:
A somber mood (重苦しい雰囲気)

ケンジントン英会話ブログ:
Life Online (オンライン生活)

ケンジントン英会話ブログ:
Elderly Statesmen (ベテランの指導者たち)

ケンジントン英会話ブログ:
Back and busy as always (いつも通りの忙しさに戻りました)

私たちは今年の後半に大きめな祝賀会を計画しており、元生徒や元スタッフも招待する予定です。
特別なイベントにしたいので、今から計画を始めています。
お楽しみに!

ジェイミー

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Hello there everyone! 

This month marks the 10th anniversary of Kensington Eikaiwa, so a big and slightly belated happy birthday to all of you!

Most of long term students (some of you have been with us from the very beginning) know how we started off small in a tiny apartment in Maizuru and with the support of all our amazing students, teachers, and staff alike, are still here 10 years later and busier than ever despite some major setbacks through the horrible covid era.

I don’t want to bore you with a massive back story so like on any milestone celebration,I have dragged up a few old pictures of us through our younger, more party-like early days onto the adult version of Kensington we have become today. There were so many to choose from it wasn’t easy but here is a look at Kensington over the years.

We are planning a large celebration later in the year and will be inviting former students and staff alike. We want to make it special so we are starting to plan it now and will hold it at the end of the year so please watch this space! 

Jaimie 


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

「博多どんたく」を英語で説明する方法

ケンジントン英会話ブログ:「博多どんたく」を英語で説明する方法

デニー先生

今日のブログは、博多どんたく祭りを外国人に英語で説明する方法についてです。
まず、その祭りが何であるかを簡潔に説明し、その後、効率的かつ明確に説明するための基本的な例文をいくつかご紹介します。それでは始めましょう。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

博多どんたくを英語で説明

ケンジントン英会話ブログ:「博多どんたく」を英語で説明する方法

このブログの読者のほとんどは既に博多どんたくが何であるか、そして福岡とその文化におけるその重要性を知っているかもしれないので、詳細には触れませんが、簡単に言えば、博多どんたくは毎年ゴールデンウィークに福岡県で開催される特別なお祭りで、数万人の人々が伝統的な踊りや衣装を楽しみます。
参加者は福岡市のメインストリートを歩きながら踊り、見物人がそれを観覧します。

ではこれを英語でより効率的に、簡略化して説明するにはどうすればよいでしょうか?

物事を説明する際には、主要なポイントが最も重要であり、それ以外の多くの情報は補足的なものに過ぎません。
このため、主要なポイントを簡潔に伝えるスキルを学ぶことが重要です。

どんたくを説明するための基本的な方法を、シンプルなものから順にご紹介します。

[初級]

Hakata Dontaku is a festival held every year around Golden Week. People parade down the main streets wearing traditional clothing. A lot of people visit Fukuoka for it.
(博多どんたくは毎年ゴールデンウィークの時期に開催されるお祭りです。人々は伝統的な衣装を着てメインストリートをパレードします。多くの人がそれを見に福岡を訪れます。)

[中級]

Dontaku is a kind of festival in early May where people dress up in traditional prefectural garments and parade while onlookers watch.
(どんたくは5月初旬に行われるお祭りの一種で、人々が伝統的な県の衣装を着てパレードし、観客がそれを見物します。)

[上級]

Dontaku is one of three major festivals in Fukuoka held in May, and it involves hundreds of performers dressing in traditional garments and parading down the main streets of Fukuoka.
(どんたくは福岡の三大祭りの一つで5月に開催されます。何百人もの参加者が伝統的な衣装を着て福岡市のメインストリートをパレードします。)

これらの例文では主要なポイントのみが述べられていることに注目してください。
お祭りの名前、それが何か、どこで、いつ、そして何が行われるかです。
誰かにイベントやトピックを説明する際に必要なのはこれだけです。
最も重要な原則は、シンプルかつ明確にすることです。
詳しい内容は質問されたときに追加すれば良いのです!

 

私の博多どんたくに関する経験

ケンジントン英会話ブログ:「博多どんたく」を英語で説明する方法

私は、福岡に長く住んでいるにも関わらず、実際に博多どんたくを見たことはありません。
私はあまりお祭りに参加するタイプではありませんが、お祭りが開催されるときには道路が非常に混雑したり、閉鎖されたりするのに気づきます。
特にゴールデンウィークなので5月には多くの人が福岡に集まります!

 

まとめ

これらの例文を通じて、博多どんたくだけでなく、物事を英語で説明する方法について理解を深めていただけたら嬉しいです。
シンプルに保つことが重要です!

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Hakata Dontaku Festival

Today’s blog post is all about how to explain something like Hakata Dontaku in English, and specifically to foreigners. We’ll be looking at a very brief explanation of what dontaku is in an English context, then we’ll look at some basic example phrases on how to explain it efficiently and clearly. Let’s get started.

What is Hakata Dontaku?

Most readers of this blog will already know what Hakata Dontaku is and its importance in Fukuoka and its culture so we won’t go into detail, but to be brief and if we were to explain it simply in English, it’s a special festival held in early May during the Golden Week in Fukuoka Prefecture, where tens of thousands of people watch and attend a festival involving traditional dances and costumes. Performers would walk down the main streets of Fukuoka City and dance as onlookers watched.

That’s a good summary, but how do we make that explanation more efficient when explaining it in English? How do we simplify it? This is an important thing to learn when explaining things to people, as much of the information we give is secondary to the key points, so let’s get into how to phrase this better.

Example Sentences

Here are some basic ways to explain dontaku with increasingly more complex English:

“Hakata Dontaku is a festival held every year around Golden Week. People parade down the main streets wearing traditional clothing. A lot of people visit Fukuoka for it.”

Here’s an intermediate form.

“Dontaku is a kind of festival in early May where people dress up in traditional prefectural garments and parade while onlookers watch.”

Here’s a more advanced vocabulary with a little more detail.

“Dontaku is one of three major festivals in Fukuoka held in May, and it involves hundreds of performers dressing in traditional garments and parading down the main streets of Fukuoka.”

Notice that when providing these examples, only key points are given. The name of the festival, what it is, where it is, when, and what happens there. This is all that is necessary when explaining any event or topic to someone. The most important principle is to keep things simple and clear. More detail can always be added when asked about those details!

Personal Experiences

Personally, I’ve never actually seen Hakata Dontaku despite living in Fukuoka for such a long time. I’m not really a festival-goer, but I do notice that whenever the festival is on, roads are very busy or closed. A lot of people tend to be around Fukuoka in May, though it is Golden week after all!

Conclusion

Hopefully with these example sentences, you’ll have a better grasp of how to explain things not just with regards to something like Dontaku, but also in general. Remember, keep it simple!


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

「母の日」に使える英語フレーズ【Happy Mother’s Day!】

ケンジントン英会話ブログ:母の日に使える英語フレーズ【Happy Mother’s Day!】

ロビン先生

母の日は、世界中のお母さんたちに感謝と敬意を表す日で、毎年5月の第二日曜日に祝われます。
日本と同様に、アメリカでも母の日はギフトを贈ったり、ポストカードを送ったり、お母さんと良い時間を過ごします。
このブログでは、母の日を祝う時に使える英語フレーズをご紹介します!

 

母の日に使える英語フレーズ

ケンジントン英会話ブログ:母の日に使える英語フレーズ【Happy Mother’s Day!】

「Happy Mother’s Day!」

と他の祝日と同じように「Happy 〜」を使うことができます。
このときは私たちはお母さんにハグをして、愛していることを伝えます。

その後にこれらの言葉を付け加えることもできます。

Thank you for everything (いつもありがとう)
Thanks for everything you do for our family (家族のためにしてくれることに感謝しています)
Thanks for being my Mom! (私のお母さんでいてくれてありがとう!)

お母さんにプレゼントを渡す時は、このように言うことができます。

Here’s a small token of my appreciation for you. (これはあなたへのほんの感謝のしるしです)

a token of appreciation (感謝のしるし)」とは、ギフト自体だけでなく、誰かにに対して感じている感謝の気持ちを表します。
「プレゼントそのものよりも、その思いやりが大事」というような考え方です。

 

私にとっての母の日

ケンジントン英会話ブログ:母の日に使える英語フレーズ【Happy Mother’s Day!】

「Mama’s Boy (お母さんっ子)」の私は、可能な限り母に会いに行くようにしています。
もちろん、ギフトや「a token of my appreciation (感謝のしるし)」を持って行きます。
子どもの頃、母は私と兄に、母の日に母の絵を描くように頼んだことがあります。それを壁に飾りたかったのだそうです。
この伝統は子どもの頃で終わりましたが、母の日を祝う上での大切な思い出です。
母は今でも家にその絵を飾っています。

 

まとめ

今年の母の日には、ぜひあなたのお母様に対する気持ちを言葉だけでなく、行動で示してみてください。
母の日はその素晴らしい機会を与えてくれますが、できるだけ多くの時間を母と過ごし、いつでも感謝の気持ちを伝えるように努力したいですね。
みんなが知っているように、世界にとって母はただの一人の人かもしれませんが、私たちにとっては、母という存在はとても重要で私たちの人生において大きな部分を占めているのです。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Happy Mother’s Day!

Mother’s Day, a day to give thanks and show appreciation to Moms around the world, is celebrated every year on the second Sunday of May. Just like in Japan, in America, Mother’s Day involves giving gifts, or sending postcards, and spending some quality time with Mom. In this blog post we’ll focus on some phrases you can use to celebrate Mother’s Day in English!

First up, we should start by saying “Happy Mother’s Day!” just as we’d say for other holidays. However, this time, you can also give your Mom a big hug  and tell her you love her while saying it. You can also follow this up by adding something like “thank you for everything,” “thanks for everything you do for our family,” or “thanks for being my Mom!”

If you’re giving your Mom a gift, you might want to say “here’s a small token of my appreciation for you.” This means the gift you’re giving represents how you feel about your loving Mother. “A token of appreciation.” not only refers to the gift itself, but the gratitude you feel towards another person. It’s sort of like the idea that “it’s not about the gift, but rather the thought.”

In my personal experiences with Mother’s Day, as a “Mama’s Boy” myself, I usually make sure to go and see her if possible. Of course, I’ll be bearing a gift, or a token of my appreciation. In the past, when I was a child, my Mom had requested that my brother and I each drew a picture of her for her to keep or put up on a wall for Mother’s Day. Although this tradition didn’t last past our childhood, it’s a core memory I have of celebrating Mother’s Day. My Mom still has some of those drawings or paintings around the house.

So this year, remember to not only tell, but also show your Mom how you feel about her on Mother’s Day. While Mother’s Day is a great time to do this, we should probably all try to spend as much time as possible with our Moms, and tell them how much we appreciate them anytime we can. As we all know, to the world, a Mother is just a person, but to us, they are our world.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

ゴールデンウィーク(GW) に使える前置詞・英語フレーズ

ケンジントン英会話ブログ:ゴールデンウィーク(GW) に使える前置詞・英語フレーズ

ウォーレン先生

ゴールデンウィークは、花見シーズンと梅雨の間にある、祝日が重なる期間ですね。
日本の厳しい夏が始まる前に、最後に外で「快適に」天気を楽しむ時期です。
地元の方も外国の方も、観光地に出かけたり、買い物をしたり、または家でゆっくり過ごしたりします。

 

ゴールデンウィークに使える前置詞

ケンジントン英会話ブログ:ゴールデンウィーク(GW) に使える前置詞・英語フレーズ

通常、2日以上の祝日(クリスマス、イースターなど)では、前置詞は「at」(例:at Christmas) を使いますが、ゴールデンウィーク (お盆も) は英語圏の祝日ではないため、「at」は使わず、「over」または「during」を使います。

下記の例のようにたいていは予定を尋ねるときに使います。

[例文]
What are you doing over GW?
What are you doing during GW?
(GW中は何をしていますか?)

Are you doing anything nice over GW?
Are you doing anything nice during GW?
(GW中は何か楽しいことをしていますか?)

What did you do over GW?
What did you do during GW?
(GW中に何をしましたか?)

I stayed at home and did a Spring clean over GW.
(GW中は家で大掃除をしました。)

I went to my friend’s home and had dinner during GW.
(GW中に友人の家で夕食をしました。)

Where do you recommend for sightseeing over GW?
(GW中、観光でおすすめの場所はどこですか?)

 

ゴールデンウィークを英語で説明

ケンジントン英会話ブログ:ゴールデンウィーク(GW) に使える前置詞・英語フレーズ

ゴールデンウィークを英語で説明する時はこのように言うことができます。

the time at the end of April / beginning of May when Japan has 4 national holidays in the space of one week
(4月末から5月初めにかけて1週間に4つの国民の祝日がある時期です。そのため「ゴールデンウィーク」と呼ばれます。)

 

何かをおススメするときに使える英語

ケンジントン英会話ブログ:ゴールデンウィーク(GW) に使える前置詞・英語フレーズ

何かをおススメするとき、通常は理由を加えます(その理由がすでに述べられている時はおススメだけします)。
おススメに使う動詞には「recommend」はもちろん、「should」「ought to」があります。
強くおススメする場合は「must」を使うこともあります。

[例文]
If you’re a fan of pop culture, I definitely recommend the Iwashita Collection; they have thousands of Showa era artifacts.
(ポップカルチャーのファンなら、岩下コレクションをぜひおススメめします。昭和時代の遺物が何千もあります。)

The Comico Art Museum has works by famous Japanese artists; you must go if you’re a Japanese art fan!
(Comico Art Museum には有名な日本人アーティストの作品があります。日本のアートのファンなら必ず行くべきです!)

On a day when the weather is good, riding a motorcycle is one of the best feelings in the world; you ought to try it someday.
(天気の良い日には、バイクに乗るのは世界で最も素晴らしい感覚の一つです。いつか試してみるべきです。)

 

私のゴールデンウィーク

ケンジントン英会話ブログ:ゴールデンウィーク(GW) に使える前置詞・英語フレーズ

これまでゴールデンウィークでは、私はよく友達と一緒に福岡タワーの前にあった(今は中央公園に移転しました。) 九州クラフトビールフェスティバルに行き、外でおしゃべりしながらさまざまなビールを試飲していました。

しかし、最近はビールを飲むよりも田舎でバイクに乗る方が好きです。
去年は、北九州を小旅行し、日向山、湯布院、久住、阿蘇カルデラ、佐賀高原を巡りました。

今年のゴールデンウィークは、日帰りで湯布院に行きました。とても混んでいました。
「Comico Art Museum」に行き、杉本博司や草間彌生など、有名な日本人アーティストの作品を見ました。

また、個人の美術館である「岩下コレクション」にも行きました。
これは一人の男性のレトロなものへの情熱のコレクションです。
特に昭和時代のポップカルチャーの歴史に興味があるなら、ぜひ訪れることをおススメします。
世界最大級のビンテージモーターサイクルのコレクションもあります。

ケンジントン英会話ブログ:ゴールデンウィーク(GW) に使える前置詞・英語フレーズ ケンジントン英会話ブログ:ゴールデンウィーク(GW) に使える前置詞・英語フレーズ

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Golden Week

Golden week, the small block of national holidays, almost consecutively, and sandwiched between Hanami season and the rainy season, is the last “comfortable” time to head outside and enjoy the weather (if it’s not raining again) before the onset of Japan’s oppressive summer.

A time when locals and foreign residents alike, head en masse to Japan’s many outdoor attractions, go shopping, or simply relax at home.

Prepositions with GW

Usually, with holidays that are two days or more (i.e. Christmas, Easter, etc.), we use the preposition “at”, e.g. “at Christmas”, but as Golden Week (and also Obon) are not holidays in the English speaking world, we don’t use “at”; instead, we can use either “over”, or “during”.

Most often, we’d use it to ask about plans, e.g. –

What are you doing over / during GW?

Are you doing anything nice over / during GW?

What did you do over / during GW?

I stayed at home and did a Spring clean over GW.

I went to my friend’s home and had dinner during GW.

Where do you recommend for sightseeing over GW?

What is GW if people don’t know it? How can you explain it?

You could explain GW as being “the time at the end of April / beginning of May when Japan has 4 national holidays in the space of one week”, hence “Golden Week”.

My GW

This GW, I went to Yufuin for a day trip. It was super crowded. I went to the Comico Art Museum, which had artworks by Hiroshi Sugimoto, Kusama Yayoi, and other famous Japanese artists. 

I also went to a private museum – The Iwashita Collection – One man’s passion for all things retro. I highly recommend going for pop culture history, especially the Showa era. It also has one of the world’s largest collections of vintage motorcycles.

Recommending things

When recommending something, we usually add a reason (sometimes the reason has already been mentioned, in which case, we can just add the recommendation). Verbs that we use for recommendations include “should”, “ought to” and of course, “recommend”; for strong recommendations, we sometimes use “must”. E.g. –

“If you’re a fan of pop culture, I definitely recommend the Iwashita Collection; they have thousands of Showa era artifacts.”

“The Comico Art Museum has works by famous Japanese artists; you must go if you’re a Japanese art fan!”

“On a day when the weather is good, riding a motorcycle is one of the best feelings in the world; you ought to try it someday.”

During GW, I used to often go with friends to the Kyushu Craft beer (地ビール) festival, which was located in front of Fukuoka tower, but has since relocated to the part of Chuo park by the Naka river (near Pan Stock and the Kihinkan 貴賓館). We would sample the different beers while chatting outside.

However, these days I prefer riding my motorcycle in the countryside to drinking beer.

Last year, I did a mini tour of North Kyushu, taking in Mt Hiko, Yufuin, Kuju, the Aso caldera, and the Saga highlands.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

「Do you want …」「Would you like…」「Shall we…」の使い方

ケンジントン英会話ブログ:「Do you want ...」「Would you like...」「Shall we...」の使い方

タミヨ先生

英語には誰かを何かに招待したり、何かをするように促す表現がいくつかあります。
今回はその中でも「Do you want …」、「Would you like …」、「Shall we …」の3つに焦点を当てたいと思います。

「Do you want …」と「Would you like …」の違い

誰かを何かに招待する時、英語ではその人がどうしたいかを尋ねます。
フォーマルな表現では「Would you like (to)」、カジュアルな表現では「Do you want (to)」が使えます。

Do you want …

Would you like …

カジュアル (家族、友人、同僚)

相手をよく知っていて、同じレベルで話している場合に使います。フレンドリーでカジュアルです。

フォーマル (新しいクライアント、顧客、上司) ビジネスシーンでは最も安全な選択です。
Do you want to come to dinner on Friday night? Would you like to come to dinner on Friday night?
Do you want to go for a coffee? Would you like to go for a coffee?
John, do you want some cake? John, would you like some cake?
Do you want something to drink? What can I get you?’  would you like something to drink? What can I get you?’ 

 

「want to (wanna) …?」の使い方

ケンジントン英会話ブログ:「Do you want ...」「Would you like...」「Shall we...」の使い方

want」はフレンドリーでカジュアルな表現 (話している人たちは同じレベルで、誰も他の人を指揮していない、階層がない状態) ですから、Webサイトや販売ページで使われ、よく「do you」が省略されます。
この表現は、私たちは友達(または友達になれる関係)で、私は味方ですということを表しています。

[例文]
Want to
learn more about this? Join our next online course!
(この件についてもっと知りたいですか?次のオンラインコースに参加しましょう!)

Want to discover several exciting ways to grow your business? Click on the link below.
(ビジネスを成長させるいくつかのエキサイティングな方法を発見したいですか?以下のリンクをクリックしてください。)

Want to be a fluent in English and meet exciting people? Join our school!
(英語が堪能になり、エキサイティングな人々と出会いたいですか?私たちの学校に参加しましょう!)

 

「Shall we …?」の使い方

ケンジントン英会話ブログ:「Do you want ...」「Would you like...」「Shall we...」の使い方

Shall we …?」は、イギリス英語で提案をするときによく使う表現です。
これは提案をし、相手の意見を知りたいときに使います。

[例文]
Shall we
go for a walk?
(散歩に行きませんか?)

Shall we try that new Italian restaurant?
(その新しいイタリアンレストランを試してみませんか?)

 

shall」に対する一般的な答え方は「Yes, let’s.」です。
これは「Yes, we shall.」よりもよく使われます。

[例文]
A:
Shall we stop now?
(今、終わりにしましょうか?)

B: Yes, let’s.
(はい、そうしましょう!)

 

shall we」は、「let’s」の付加疑問文を作る時にも使われます。

[例文]
A:
Let’s invite the neighbours over for dinner at the weekend, shall we?
(週末にご近所さんを夕食に招待しませんか?)

B: Yes, let’s!
(はい、そうしましょう!)

shall we …」はとてもイギリス英語的で、カジュアルな場面でもフォーマルな場面でも使えますが、イギリス以外の英語圏の方からすると少しフォーマルに聞こえることがあります。
旅行やホームステイをする際は自分で判断し、「in Rome do as Romans do (郷に入っては郷に従え )」に従ってください。
あまりその表現が使われていないことに気づいたら、他の表現を試してみてください。

 

まとめ

英語には誰かを招待する時に使える表現がいくつもあります。
基本的なものから練習を始め、自信がついてきたら(そして英語圏の文化を理解するにつれて)、他の表現をあなたのボキャブラリーに取り入れていきましょう。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Do you want … /  Would you like… / Shall we…

In English there are several expressions for inviting someone to something or to do something. This time let’s focus on three of them:
“Do you want…”, “Would you like…” and “Shall we”…

“Do you want…” and “Would you like…” difference

When we give somebody an invitation, we ask if they would like to go somewhere or do something or have something. We can use the formal phrase would you like (to) and the more informal phrase do you want (to):

Do you want….

Would you like…

Informal (family, friends, colleagues)

you know someone well and you’re talking on the same level. It’s friendly and informal. 

Formal (new client, your customer or your boss)
It’s the safest choice in a business situation.
Do you want to come to dinner on Friday night? Would you like to come to dinner on Friday night?
Do you want to go for a coffee? Would you like to go for a coffee?
John, do you want some cake? John, would you like some cake?
Do you want something to drink? What can I get you?’  would you like something to drink? What can I get you?’ 

want to (wanna)…? 

Because “want” is more friendly and informal (you’re talking on the same level, no one is in charge of the other person, there is no hierarchy)  it is commonly used on websites and sales pages (omitting “do you”). You’re saying ‘we’re like friends (or we could be). I’m on your side’:

“Want to learn more about this? Join our next online course!”

“Want to discover several exciting ways to grow your business? Click on the link below.”

“Want to be a fluent in English and meet exciting people? Join our school!”

“Shall we… ?”

“Shall we… ?” is a common way of making suggestions in British English. It means you are making a suggestion and you want to know  the other person opinion about it. 

“Shall we go for a walk?”

“Shall we try that new Italian restaurant?”

A common answer to “shall”  would be “Yes, let’s.”, rather than “Yes, we shall.”
A: Shall we stop now? B: Yes, let’s.

Shall we is also the tag question in sentences with “let’s”

A: Let’s invite the neighbours over for dinner at the weekend, shall we?

B: Yes, let’s!

Keep in mind that “shall we…” is very British, used in informal as well formal situations. In some English speaking countries, however, it sounds a bit formal. 

When travelling or doing a homestay, make your own judgment and as the proverb says: “in Rome do as Romans do”. If you notice it is not often used, try other expressions.

Conclusion:
In the English language, there are several expression to invite someone or to make invitations. Start practicing with the basic ones and as you increase your confidence (and your understanding of the English speaking countries cultures) incorporate other sentences into your vocabulary.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

「May day (メーデー)」ってなに? – 「International Labor Day (国際労働者の日)」

ケンジントン英会話ブログ:「May day (メーデー)」ってなに? - 「International Labor Day (国際労働者の日)」

ヘンリー先生

こんにちは!
日本にお住まいの方は、ゴールデンウィークの準備をしているか、この記事を読むタイミングによってはすでに楽しんでいるかもしれませんね。
どちらにしても、ゴールデンウィークが素晴らしいものになることを願っています!🌸

5月はまた、「May day (メーデー)」または「International Labor Day (国際労働者の日)」と呼ばれる重要な日から始まります。
興味深いことに、日本ではあまり「May day (メーデー)」は祝われていませんね。
このブログでは、「May day (メーデー)」とは何か、どのように祝われているかをご紹介したいと思います。

 

May day (メーデー)ってなに?

5月1日に祝われる「May day (メーデー)は、多くの国で「International Workers’ Day (国際労働者の日)」または「Labour Day (労働者の日)」として知られています。
歴史を通じて労働者の努力と成果を振り返り、称える日です。
特に、公正な扱い、より良い労働条件、権利を求める彼らの闘争についてです。
その取り組みに対する努力と、職場環境を改善するための影響に感謝する日です。

 

May day (メーデー)の起源

ケンジントン英会話ブログ:「May day (メーデー)」ってなに? - 「International Labor Day (国際労働者の日)」

May day (メーデー)」、「International Labor Day (国際労働者の日)」は1800年代後半に始まりました。
当時、労働者は労働時間の削減や公正な扱いなど、より良い労働条件を求めて闘っていました。
1886年5月1日、労働者たちは8時間労働制の導入を要求して抗議しました。これがシカゴでのヘイマーケット事件のきっかけとなり、「May day (メーデー)」につながる大きな出来事となりました。

1889年、国際社会主義者会議はヘイマーケットで起こったことを記憶に留め、世界中の労働者を支援するために、5月1日を国際労働者の日と宣言しました。
それ以来、「May day (メーデー)」は世界中の労働者や労働団体が連帯を示し、自らの権利のために立ち上がる日となっています。

 

May day (メーデー)の祝われ方

多くの国で、May day (メーデー)は主に労働者に関するものです。
労働組合、労働者団体、活動家などが集まり、行進や集会を行います。
これは公正な賃金、より良い労働条件、労働者の権利を求めるためです。
時には、その目的を支持するためのスピーチや音楽などの活動も行われます。

 

母国ウガンダでのMay day (メーデー)

ウガンダでは、5月1日は国民の祝日として祝われます。
この日は、国立労働組合機構(NOTU)によって行進、パレード、ダンス、スピーチなどの祝賀行事が行われます。
毎年、メインのイベントを開催する都市が選ばれ、通常は国の大統領が出席します。

私が学生だった頃、労働者の日についてあまり考えたことはありませんでした。
学校に行かなくてよい日だと喜んでいただけです。
ときどき、テレビで大きなお祝いの様子は見ていました。

 

まとめ

世界中でMay day (メーデー)は公休日と認識され、行進、パレード、パーティーが開催される一方で、労働者を支持するデモや集会の機会ともなっています。

(ヨーロッパの様々な文化でも伝統的なMay day (メーデー)のお祝いが行われていますが、春の訪れ、豊穣、そして生命の再生といったテーマが共通しています。)

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

May day

Greetings! If you live in Japan, you might be getting ready for the Golden Week holiday, or you might already be enjoying it, depending on when you read this. Either way, I hope you have a great time during Golden Week! 🌸

The month of May also starts with an important holiday day called May Day or International Labor Day. Interestingly, May Day isn’t celebrated much in Japan.In a few paragraphs below, I’ll explain what May day is, its origins and how it’s celebrated.

What is May day?

May Day, celebrated on May 1st, is known as International Workers’ Day or Labour Day in many countries. It’s a time to remember and honor the hard work and achievements of workers throughout history. It’s especially about their fight for fair treatment, better working conditions, and rights. So, it’s a day to appreciate the efforts of the labor movement and its impact on improving people’s lives at work.

Origins of May day

May Day or International Workers’ Day started in the late 1800s. Back then, workers were fighting for better conditions at work, like shorter hours and fair treatment. One big event that led to May Day was the Haymarket affair in Chicago in 1886. Workers protested on May 1st, asking for an eight-hour workday. 

In 1889, the International Socialist Conference declared  May 1st to be International Workers’ Day to remember what happened at Haymarket and to support workers everywhere. Since then, May Day has been a day when workers and labor groups around the world show solidarity and stand up for their rights.

How is May day celebrated?

In many countries, May Day is mainly about workers. People like labor unions, workers’ groups, and activists come together for marches and rallies. They do this to ask for fair pay, better work conditions, and rights for workers. Sometimes there are speeches, music, and other activities to support their cause.

May day in home country (Uganda)

In Uganda, the 1st of May is celebrated as a national holiday. The day is marked by a series of festivities including marches, parades, dance performances, and speeches, all coordinated by the National Organization of Trade Unions (NOTU). Annually, one city is selected to hold the main event, which is typically attended by the nation’s president.

When I was a student, I didn’t think much about Labor Day. I was just glad that I didn’t have to go to school. Sometimes, I watched the big celebrations on TV.

 All in all, around the world May Day is  recognized as a public holiday, and it is celebrated with marches, parades and parties while serving as the occasion for demonstrations and rallies in support of workers.

Note: There are also traditional May day  celebrations in various European cultures, but they often share themes of welcoming spring, fertility, and the renewal of life.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

友人にばったり会った時に使える英語 – What are you doing here?は失礼?

ケンジントン英会話ブログ:友人にばったり会った時に使える英語 - What are you doing here?は失礼?

デニー先生

今日のブログでは、友人にばったり会った時に使える英語についてご紹介します。
予期していない場所で友人に出くわした時の、反応や、言うこと・することは状況によって違うので、今日ご紹介する英語フレーズはそれに特に焦点を当てたいと思います。

また、英語学習をしている方が気にされる点として、どのようなことが失礼とされるのかについても焦点を当てていきます。

それでは、始めましょう!

「What are you doing here?」は失礼?

ケンジントン英会話ブログ:友人にばったり会った時に使える英語 - What are you doing here?は失礼?

例えば、あなたがどこか遠い外国のバーにいたとして、そこで突然、仲の良い友人に出くわしたとしましょう。
きっとあなたは驚き、自然になぜ友人がここにいるのか気になると思います。

その場合、このように聞くことができます。

What are you doing here?
(ここで何してるの?)

その友人がいつそこに到着したのかも気になるでしょうから、下記のように尋ねることもできます。

When did you get here?
(いつここに来たの?)

しかし、これらの質問は失礼だったり少し攻撃的でしょうか?
答えはあなたの「トーン」によります。言葉自体ではなく、どのように言うかが重要です。

友好的に明るく「What are you doing here?」と尋ねれば、驚きとポジティブな感情が伝わります。

しかし、不安でパニックになった様子で尋ねると、失礼に聞こえ、そこにいることを望んでいないように感じさせるかもしれません。

つまり、もっと簡潔に答えると、あなたのトーン次第です!

「What are you doing here?」という言葉自体は失礼ではありませんが、トーンには気をつけた方が良いです。

では、「What are you doing here?」以外の言い方もみていきましょう。

 

「What are you doing here?」以外の言い方

ケンジントン英会話ブログ:友人にばったり会った時に使える英語 - What are you doing here?は失礼?

言い方は状況によって変わりますので、いくつか例を見てみましょう。

【よく行くバーで友人にばったり会った場合】
Oh! I didn’t know you come here too! What brings you here?
(おー!あなたもここに来るとは知らなかった!なんでここにいるの?)

【お店で友人にばったり会った場合】
Hey! What are you shopping around for? Do you shop here often too?
(やあ!何を買いに来たの?あなたもここでよく買い物するの?)

【病院で友人にばったり会った場合】
Oh, what are you doing here? I hope you’re not sick, too!
(あれ、ここで何してるの?あなたも病気じゃないといいけど!)

【少し恥ずかしいと感じる場所で友人にばったり会った場合】
Oh this is a little awkward… what are you doing here?
(あー、これはちょっと気まずいね…。ここで何してるの?)

最後の例は、状況に応じてその場の雰囲気を読むことが必要なので、どの言語でも難しい場合がありますね!

例文に登場した「What brings you here?」は、「What are you doing here?」の代わりに使える便利なフレーズです。
ネイティブスピーカーがよく使う自然な表現なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

生徒さんと外でばったり会った時

「ばったり会う」というトピックに関して、特に大きな経験はありませんが、買い物をしているときにたまに生徒さんとばったり会うことはあります。
その時は、普通に嬉しく挨拶しています。
上で述べた通り、言い方が最も重要です。明るく軽いトーンであれば、決して気まずくなることはありません。
彼らがそこで何をしているかは聞きません(買い物をしているのは明らかだと思うからです!)。でも彼らのことを尋ねたり、雑談をします。

 

まとめ

このブログでは友人とばったり会った時に使える英語フレーズをいくつかご紹介しました。
会話をスムーズに進めるための手助けとなれば幸いです。
重要なのはあなたが使う言葉そのものではなく、あなたのトーンであることは覚えておいてください。
ご紹介したフレーズも良いヒントになると思うので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

What to Say in Unexpected Encounters

Today’s blog post is about unexpected encounters of the friendly kind – in other words, sometimes in daily life we bump into our friends in places we don’t expect to see them in. In these situations, how to react, what to say and what to do are all things we need to consider depending on the context, so today’s English will be focusing on specifically that, alongside focusing on what’s rude to say and how being rude is interpreted in the English language as opposed to Japanese. Let’s begin!

Rudeness and “What are you doing here?”

Let’s say that you’re at a bar in an international country, and suddenly, you bump into a friend of yours from your home country. It’s a bit of a surprise, so naturally you’d be curious as to why your friend is there.

Basically, you can just ask them “What are you doing here?” or “When did you get here?” even, as you’d probably be curious as to when they got there, too. However, are these questions rude, or are they a bit too aggressive?

The answer is more dependent on your “tone” and not necessarily what you say. If you ask your friend, in a friendly and upbeat tone, “What are you doing here?”, the feeling would be one of surprise and positivity. However, if you ask them in a nervous and panicked tone, it would come off as maybe rude and implying you didn’t want them to be there.

So, to answer the question more succinctly – your tone dictates the manners! You can say “What are you doing here?” without any worry about being rude, just be careful of your tone.

Let’s now think about other ways to ask the same kind of question in English.

Other Phrases and Examples

The things you can say depend a lot on context. Let’s look at some examples:

You bump into a friend at a bar you frequent – “Oh! I didn’t know you come here too! What brings you here?”

You bump into a friend at a shop – “Hey! What are you shopping around for? Do you shop here often too?”

You bump into a friend at a doctor – “Oh, what are you doing here? I hope you’re not sick, too!”

You bump into a friend at an establishment you might feel embarrassed about – “Oh this is a little awkward… what are you doing here?”

The final example is one that probably requires a lot of social nuances depending on the situation, so it can be tricky in any language!

Finally, one alternative way to say “What are you doing here?” is also “What brings you here?”. This is a natural phrase you might here from native speakers, so keep it in mind.

Personal Experience

Honestly, I don’t have too many personal experiences with this one, but I have occasionally bumped into some of my students while shopping. Usually it’s fine and I happily greet my students. As written above, tone is most important of all so usually when greeting students, it’s with a light and upbeat tone so it never feels awkward. I usually don’t ask them what they’re doing there (because I think it’s obvious, they’re shopping!), but I ask them how they are and make small talk.

Conclusion

Hopefully with the above phrases and explanation on manners you’ll now be armed with the ability to handle unexpected meetings in English more smoothly. Just remember – your tone is the key, not necessarily the words you say, but the phrases should give you a good guideline as to what kind of vocab we use when we bump into someone.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

「Take care」のいろんな意味 – またね、気をつけて、大切にして【日常英会話】

ケンジントン英会話ブログ:「Take care」のいろんな意味 - またね、気をつけて、大切にして【日常英会話】

【バルテシュ先生】

今日は「Take care」というイディオムについてお話ししたいと思います。
この表現は英語圏の人々によく使われますが、文字通りに受け取ると少し混乱するかもしれません。
このブログでは、「Take care」が会話でどのように使われるのか、状況によってニュアンスがどのように変わるのか見ていきましょう。

「Take care」の意味

ケンジントン英会話ブログ:「Take care」のいろんな意味 - またね、気をつけて、大切にして【日常英会話】

最も一般的な使い方は、人と会った後の別れ際に挨拶として使うことです。
goodbye (さようなら)」や「see you (またね)」と同じです。

つまり、それが持つ唯一の意味は、単に誰かを思いやり、気をつけてほしいということだけです。
その状況では、それ以外の他の意味は込められておらず、単に、良い意図の丁寧な表現です。

ただ問題は、この「take care」という言葉について考えすぎると、分かりづらくなってしまうかもしれません。

「Merriam-Webster辞書」によると、「take care」は、

(i) 注意深くあること、慎重に行動すること
(ii) 何かをする、またはしないことに特に注意を払うこと

という意味があるとされています。

「ええと、では ”Take care” と言われたら、その人は私が自分に注意を払っていないと言いたいの??」

いいえ!少なくとも、「Take care」が穏やかで励ましのトーンで話された場合はそうではありません。

「では、辞書に書いてある意味では使われてないのですか?」

もちろん、それらの意味としても使われます。それは会話から推測できますが、通常は適切な文脈の中で出てきます。

take care」は、「of」「in」「to」といった前置詞を伴うことがあります。
それらは少しまたは大きく異なる意味を持つかもしれません。

Take care of something」は世話の対象を指します。
Take care in doing something」(「in」が省略されることもあります)は、その活動中に注意するようにという警告です。
最後に、「Take care to do something」は、それを忘れないようにというリマインダーです。

 

「Take care」を使った例文

ケンジントン英会話ブログ:「Take care」のいろんな意味 - またね、気をつけて、大切にして【日常英会話】

友達に安全に帰るように言いたい場合は、

Have a safe trip back home and take good care of yourself on your way there
(帰る時は安全に、気をつけて帰ってね。)

またはシンプルに

Take care
(気をつけてね)

と言うことができます。

ほとんどの場合、英語を話す人は上記の言葉を特に考えることなく習慣的に言います。

次に前置詞を使った「take care」の例を見てみましょう。

【take care of …】

Take care of your family.
(ご家族を大切になさってくださいね。)

Take care of that new jacket.
(その新しいジャケットを大事にしてくださいね。)


ときどき、「Take care of yourself first!」という言葉も聞くことがあるかもしれません。
これは、「最初に自分のことを心配して、それから他の人のことを心配して」という意味です。

 

【take care in …】

Take care in cutting the vegetables
(野菜を切る時は気をつけて)

または前置詞なしで

Take care cutting the vegetables
(野菜を切る時は気をつけて)

これは、野菜を切るときに注意してケガをしないようにしようという意味合いがあります。

 

【take care to …】

Take care to cut the vegetables
(野菜を切ることを忘れないように気をつけて)

 

まとめ

Take care」は、会話の終わりに「goodbye (さようなら)」と言う時の私のいつもの言い方です。
特に深く考えることなく、他のあいさつよりも頻繁に使います。

Have a good weekend, Bartek! (良い週末を、バルテク!)」
Thanks! Take care! (ありがとう!またね!)」

は、金曜日に私がよく言う典型的な会話の終わり方です。

私は前置詞を伴う「take care」もかなり頻繁に使いますが、先ほどの説明の通り「take care」単体の時とはかなり異なる意味があります。

しかし誰かが「Take care」と言ったら、それはシンプルに相手はあなたのことを思いやっているのです!

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Taking care of “Take care.”

Today, we’ll talk about an idiomatic phrase, “Take care.” It is used commonly by English speakers but might be a little confusing when taken too literally. We’ll look at how it is usually used in conversations and discuss if any nuances can change its meaning. 

The meaning

In its most common use – at the end of a meeting – “take care” is simply a friendly salutation. A substitute for “goodbye” or “see you.” As such, the only meaning it carries is that of wishing someone well and telling them to be careful. In that situation, there is no implied meaning. Just a simple, polite expression of good intention. 

You may ask then, “So, where’s the controversy?” Well, the first problem might be in overthinking. According to the Merriam-Webster dictionary, “take care” can mean (i) to be careful or watchful, to exercise caution or prudence, or (ii) to give particular attention to doing or not doing something. “Sooooo, did he mean that I don’t take care of myself???” No! At least not when the “Take care” was spoken in a mild, encouraging tone. 

“But wait, what about those dictionary meanings?” Of course, those meanings can also be inferred from a conversation, but they usually would come within an appropriate context. The phrase “take care” would be then accompanied by prepositions such as “of,” “in,” or “to.” They may have slightly or starkly different meanings, though. “Take care of something” points at the object of care. “Take care in doing something” (sometimes with the “in” omitted) alerts one to be careful during the activity. Finally, “Take care to do something” is a reminder not to forget to do it. 

Examples of using “take care”

Say a friend is leaving, and you want to wish them a safe travel home. You may say, “Have a safe trip back home and take good care of yourself on your way there,” or simply, “Take care.” In most instances, English speakers say that habitually, without even thinking. 

Let’s look at the examples of using “take care” with prepositions. 

“Take care of your family” or “Take care of that new jacket” seem pretty self-explanatory. Occasionally, you may hear someone saying, “Take care of yourself first!” meaning, “Worry about yourself first and only then about others.” 

“Take care in cutting the vegetables” or, without the preposition, “Take care cutting the vegetables” would signal that we should be careful cutting the vegetables and not hurt ourselves. 

“Take care to cut the vegetables” would remind us not to forget to cut the vegetables. 

Personal Examples and Conclusion

“Take care” is my usual (if not default) way of saying “goodbye” at the end of a conversation. I say it without thinking much and more often than any other salutation. “Have a good weekend, Bartek!” “Thanks! Take care!” would be a classic end of a conversation I’d have on a Friday. I also use “take care” with prepositions fairly often, but as we could see, the prepositions give the phrase quite a different meaning than the plain “take care.” 

So, no need to worry about implied meanings. If someone says, “Take care”, it’s simple! They wish you well!


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

エイプリルフールに使える英語フレーズ【日常英会話】

ケンジントン英会話ブログ:エイプリルフールに使える英語フレーズ【日常英会話】

ロビン先生

毎年4月1日に行われるエイプリルフールの日は、西洋では笑いといたずら、楽しみに満ちた日になります。
人々が自分の中のいたずら好きを解放し、ジョークを仕掛けたり、友人や家族、同僚、または幸運にも(または不運にも)たまたまその場にいる人を驚かせます。
このブログでは、エイプリルフールの日の起源に迫り、アメリカで何が行われているかを探り、エイプリルフールの楽しみに参加するための便利な英語フレーズをいくつかご紹介します。

エイプリルフールの起源

ケンジントン英会話ブログ:エイプリルフールに使える英語フレーズ【日常英会話】

「April Fool’s Day (エイプリルフール)」がどのようにして世界的に知られるいたずらの日になったのかは実際のところは誰も知りませんが、多くの人は中世のフランスをその起源としてあげます。
その頃、グレゴリオ暦がユリウス暦に代わり、一年の始まりが4月1日から1月1日に移動したことにより、4月1日に新年を祝い続けた人々はからかわれ、「April fools (4月の愚者)」と呼ばれたそうです。

アメリカでは、エイプリルフールの日は誰かにいたずらを仕掛け、その後「April Fools!」と叫んで、起こったことや言われたことが単なる冗談やいたずらだったことを明かします。
家庭では、電話でフェイクニュースを家族に自慢したり、フェイクの手紙を送ったり、またはよくあるブーブークッションも使われます。
オフィスでは、フェイクの会議の設定や、同僚の備品を入れ替えるなどのいたずらが行われることがあります。

 

エイプリルフールに使える英語フレーズ

ケンジントン英会話ブログ:エイプリルフールに使える英語フレーズ【日常英会話】

エイプリルフールの日の楽しみに参加したい場合は、次の便利なフレーズが使えます。

Happy April Fool’s Day!

このように言って、エイプリルフールであることを他の人に知らせます。


前日であれば、次のように言ってみるのも良いでしょう。

I heard it’s April Fool’s Day tomorrow. I wonder what pranks my friends have planned!
(明日はエイプリルフールの日みたい。私の友達はどんないたずらを計画してるんだろう!)

 

ニュースで何か信じられないことを聞いたら、次のように言うことができます。

did you hear about the crazy prank on the news? It was just an April Fool’s joke!
(ニュースであのクレイジーないたずら聞いた?ただのエイプリルフールの冗談だったんだよ!)

 

いたずらに引っかかった場合は、次のように言って他の人に伝えましょう。

I can’t believe I fell for that prank! They really got me good!
(あのいたずらに引っかかるなんて信じられない!本当にやられたよ!)

最後に、いたずらを仕掛ける側であれば、「April Fools!」を忘れずに叫んでくださいね。

 

まとめ

「April Fool’s Day (エイプリルフール)」は、軽快な楽しみと愉快ないたずらを行う大切にされている伝統です。
巧妙ないたずらを成功させることも、友人や家族と心の底から笑い合うことも、エイプリルフールの日は私たちにふざけることとその瞬間を楽しむ自然体の喜びを受け入れることを思い出させてくれます。
さあ、ブーブークッションを手に取って、楽しい時間に参加し、これらのフレーズを試してみましょう!
ただし、いたずら師があらゆるところに潜んでいるかもしれないので、気をつけてください!

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

April Fools! 

April Fool’s Day, celebrated annually on April 1st, is a day filled with laughter, pranks, and fun in the West. It’s a time when people unleash their inner trickster, and play practical jokes, or prank their friends, family members, co-workers, or anyone lucky enough (or unlucky enough) to be caught in their path. In this blog post, we’ll delve into the origins of April Fool’s Day, explore how it’s celebrated across the US, and learn some handy phrases for you to join in on the fun.

While nobody actually knows how April Fools Day became an internationally known day of of jokes, many point at Middle Age France, when the Gregorian calendar replaced the Julian calendar, moving New Year’s Day from April 1st to January 1st. Those who continued to celebrate New Year’s Day on April 1st were mocked and dubbed “April fools.”

In the United States, April Fool’s Day is celebrated by playing a prank or practical joke on someone, then exclaiming the phrase “April Fools!” to reveal that what happened or was said was just joke or prank. Some examples at home include, prank calls to family members boasting fake news, receiving fake letters in the mail, or, they might involve the good ol’ whoopie cushion. While in the office, pranks might involve setting up fake meetings, or swapping your co-workers supplies.

If you’re looking to join in on the April Fool’s Day fun, here are some handy phrases to add to your vocabulary:

“Happy April Fool’s Day!” To let others know about the day. On the other hand, if it’s the day before, you might want to say something like, “I heard it’s April Fool’s Day tomorrow. I wonder what pranks my friends have planned!”

Heard something wild on the news? You could say, “did you hear about the crazy prank on the news? It was just an April Fool’s joke!” If you fell for the prank, let other know by saying, “I can’t believe I fell for that prank! They really got me good!” 

Lastly, if you’re the one pulling the prank, don’t forget to yell “April Fools!”

April Fool’s Day is a cherished tradition offering a day of lighthearted fun and playful mischief. Whether it’s pulling off a clever prank or sharing a good-natured laugh with friends and family, April Fool’s Day reminds us to embrace the joy of silliness and spontaneity. So, grab your whoopee cushion, join in on the fun, and try out some of those phrases! Just remember to keep a sharp eye out for pranksters around every corner!


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

「Easter (イースター)」ってなに?英単語や英語フレーズをご紹介!

ケンジントン英会話ブログ:「Easter (イースター)」ってなに?イースターに関連する英単語や英語フレーズをご紹介!

ウォーレン先生】(ブログ初投稿!)

今日は「Easter (イースター)」と呼ばれるお祝いについて、その歴史、文化的な意味合い、そして何を行うのかについてご説明します。
イースターは実際には古代の信仰とキリスト教のお祝いが混ざり合ったもので、説明が少し複雑になるため、今日は基本的なことだけに触れたいと思います。

イースターという名前は、「Eastre」または「Eostre」という、異教の豊穣の女神から来ています。
古代の宗教では祝祭は初春に行われました。キリスト教の部分は、イエス・キリストの死と復活を祝うもので、これも同じ時期に起こりました。

 

「Easter (イースター)」では何をするの?

ケンジントン英会話ブログ:「Easter (イースター)」ってなに?イースターに関連する英単語や英語フレーズをご紹介!

イースターは約1週間にわたって祝われ、最も重要な日は金曜日と日曜日です。
これらはキリスト教の側面から来ています。

多くのキリスト教徒にとって、イースターは特に宗教行事に参加する時期です。
これには教会での礼拝への参加や、行進に加わること、そしてイエス・キリストの処刑と復活に至る出来事に思いを馳せることが含まれます。

子どもたちはイースターエッグハントに参加し、隠されたお菓子(アメリカではキャンディー)や小さなおもちゃが入った卵を探します。
また、お菓子が詰まったイースターバスケットをもらうこともあります。
卵は豊穣を象徴し、この習慣は古代の宗教的な影響を受けています。
「イースターバニー」も同様です。うさぎは繁殖力が高いことで知られています。

宗教を持たない人々(「secularism(現世主義)」)にとっては、リラックスしたり、趣味に没頭したり、家族や友人との時間を過ごしたり、旅行に出かけるなどを行う期間です。
学校では通常1週間の休暇が、労働者には長めの週末や3日間の連休が与えられます。

 

「Easter (イースター)」で使える英語

ケンジントン英会話ブログ:「Easter (イースター)」ってなに?イースターに関連する英単語や英語フレーズをご紹介!

この項目では、「イースター」で使える英単語や英語フレーズをご紹介していきます。

Pagan、Paganism

異教/異教主義: キリスト教が主流になる前に、自然界を崇拝するヨーロッパの一連の類似した宗教に与えられた名前です。近年、「Paganism」は再び注目を集めています。

[例文]
Stonehenge and other stone circles are ancient Pagan monuments
(ストーンヘンジやその他の石の円陣は古代の異教の記念碑です)

Easter

イースター: 先に述べたように、「Easter」という言葉は異教の豊穣の女神から派生しています。
その他の豊穣の象徴には卵やウサギがあります。また、この時期の国民の祝日に使われる一般的な言葉でもあります。

[例文]
What are your plans for
Easter / the Easter holidays?
(イースター/イースター休暇の予定は何ですか?)

The Easter Bunny

イースターバニー: 「Bunny (バニー)」は、子どもたちの言葉でウサギのこと。
イースターの伝承では、イースターバニーが卵を持ってきて子どもたちが探すために隠します。

Easter eggs

イースターエッグ: 前述の卵を指しますが、もっと現代的な意味での「Easter eggs」は、映画の中で本当のファンだけが気づくような小さな事柄を指します。

[例文]
The new Avengers movie has tons of
Easter eggs in it!
(新しいアベンジャーズの映画にはたくさんのイースターエッグがあります!)

Ash Wednesday

灰の水曜日: キリスト教徒にとって、これは「Lent (四旬節)」の最初の日で、伝統的に40日間(6週間)続き、イースターの週まで断食と祈りの期間が続きます。
これは「Shrove Tuesday (告解の火曜日)」の翌日で、「パンケーキデー」としても知られています。

Lent

四旬節: キリスト教徒が伝統的にイエスの苦しみの時期を祈りと断食によって反映する40日間(6週間)の期間です。

Shrove Tuesday

告解の火曜日: 四旬節の前日。伝統的に四旬節では動物性製品(牛乳、卵、バター、クリームなど)の消費が禁じられています。
時間が経つにつれて、これはパンケーキデーになり、人々は残っている小麦粉、卵、牛乳を使い切るようになりました。
パンケーキデーは子どもたちにとても人気があります。
イギリスでは、パンケーキはフランスのクレープに似ていますが、アメリカではパンケーキはもっと厚いです。

[例文]
I always look forward to
Shrove Tuesday because I love pancakes; especially when they are drizzled with honey and lemon juice… Yum!
(私はいつも告解の火曜日が楽しみ。なぜなら私はパンケーキが大好きだから。特に、はちみつとレモン汁をかけた時… 美味しそう!)

Good Friday

聖金曜日: 語源的には誤解を招くかもしれませんが、聖金曜日はイエスの処刑と死を祝います。

Easter Sunday

イースターサンデー、復活の主日: 「Good Friday」の後の日曜日で、イエスの復活を祝います。

 

私の子どもの頃の「Easter (イースター)」の思い出

ケンジントン英会話ブログ:「Easter (イースター)」ってなに?イースターに関連する英単語や英語フレーズをご紹介!

イースターの日の1番の楽しみはいつもイースターエッグハントでした。
両親は庭中に卵を隠し、私と妹は夢中で駆け回り、隠された宝物を見つけるために高いところも低いところも探し回りました。
花の中や木の後ろに隠された鮮やかな色の卵を見つけた時の興奮は何物にも代えがたく、ハントが終わると誇らしげに収穫を見せ合いました。

 

まとめ

年齢や宗教的な信念によって、イースターは重要な時期や楽しい時期となり、さまざまな活動に参加します。

その歴史は複雑であり、社会がより世俗的になるにつれて、もしかしたらイースターは多くの人にとって関心が薄れつつあるかもしれません。
もっと知りたい場合は、ウィキペディアが良い情報源になります。

ここまで読んでいただきありがとうございます!

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

What is Easter?

Today I’m going to explain a little about the celebration we call “Easter”; its history, its cultural significance, and activities that people do to celebrate it. Easter is actually a mixture of old Pagan and Christian celebrations, which makes its explanation a little complicated, so I will only touch on the basics today.

The name Easter comes from “Eastre” or “Eostre”, the Pagan goddess of fertility. The Pagan celebration occurred in early spring. The Christian part comes from Jesus Christ’s death and resurrection which occurred around the same time.

What do people do during Easter?

Easter is spread over almost a week, with the most important days being Friday and Sunday. These come from the Christianity side.

For many Christians, Easter is a time of heightened religious observance. This includes attending church services, participating in processions, and reflecting on the events leading up to Jesus Christ’s crucifixion and resurrection.

Children participate in Easter egg hunts, where they search for hidden eggs filled with sweets (U.S = candy) or small toys. They may also receive Easter baskets filled with treats. The eggs represent fertility, so this part comes from the pagan side. Likewise the Easter “bunny” (rabbit), as rabbits are known to reproduce quickly.

For those who are not religious (we call it “secularism”), it can be a time to relax, do hobbies, spend time with family and friends, or go traveling, as there is usually a full week of holiday for school children and a long weekend / 3-day weekend for workers.

Key words / expressions.

Pagan / Paganism – A name given to a group of similar religions in Europe that worship the natural world, before Christianity became dominant. Paganism has seen a resurgence in recent years.

“Stonehenge and other stone circles are ancient Pagan monuments”

Easter – As mentioned previously, the word “Easter” derives from the pagan goddess for fertility; other fertility symbols being eggs and rabbits. It is also the general word used for national holidays around this time.

“What are your plans for Easter / the Easter holidays?”

The Easter Bunny – bunny is a children’s word for rabbit. In Easter folklore, the Easter rabbit brings and then hides Easter eggs for children to search for. 

Easter eggs – Of course, this refers to the aforementioned eggs, but there is a more modern meaning of “Easter eggs”, and it refers to small details in a movie that only true fans will notice.

“The new Avengers movie has tons of Easter eggs in it!”

Ash Wednesday – For christians, this is the first day of “Lent”, a period of fasting and prayer that traditionally lasts 40 days (six weeks) and continues until Easter week. It is the day after “Shrove Tuesday”, also known as “Pancake day”.

Lent – A period of 40 days (6 weeks) when christians traditionally reflect on a time of Jesus’ suffering by praying and fasting.

Shrove Tuesday – The day before Lent – traditionally, Lent forbids consuming animal products such as milk, eggs, butter, cream, etc. Over time, this became pancake day, as people used up their remaining flour, eggs, and milk. Pancake day is very popular with children. In the U.K., pancakes are similar to French crepes, but in the U.S., pancakes are much thicker.

“I always look forward to Shrove Tuesday because I love pancakes; especially when they are drizzled with honey and lemon juice… Yum!”

Good Friday – Arguably a misnomer, Good Friday celebrates Jesus’ crucifixion and death.

Easter Sunday – The Sunday after Good Friday, it celebrates Jesus’ resurrection.

My Easters as a child.

The highlight of Easter day was always the Easter egg hunt. My parents would hide eggs around the garden, and my sister and I would eagerly dash around, searching high and low for the hidden treasures. The thrill of finding a brightly colored egg nestled in the flower or tucked behind a tree was unmatched, and we’d proudly show off our haul once the hunt was over.

And so… 

Depending on one’s age and if one is religious or not, Easter can be an important or fun time, with people doing different activities.

Its history is complicated, and as society is becoming more secular, perhaps Easter is becoming less relevant to most people.

If you wish to know more, Wikipedia would be a good source of information.

Thanks for reading!


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム