月別アーカイブ: 2014年3月

英語レッスン 動物のイディオムで英会話しよう

Hello beautiful people. Today we have some animal idioms for you. What do you think monkeying around means? Who is the black sheep in your family? What is a wild goose chase? Is it a Haruki Murakami inspired Kafkaesque setting with an omnipotent evil lurking in the shadows or is its meaning far less sinister?

素敵な皆様、こんにちは。今回は動物関係のイディオム(決まり文句)をいくつかご用意しました。“monkeying around”「『猿』し回る」とはどういう意味だと思いますか?あなたの家族の“black sheep”「黒い羊」は誰?“a wild goose chase”「雁の追跡」とは?村上春樹の小説が、暗がりに潜む変幻自在の悪が付き物の、カフカ風場面設定を呼び起こしたということなのか、はたまたそのような薄気味悪い意味など大して込められていないのか?

 there are plenty more fish in the sea. -> there are many other people or possibilities

Ex. “Hiroshi’s girlfriend left him.  I told him to not worry so much. There are plenty more fish in the sea.”

海には魚はいくらでもいる→ほかにも多くの人がいる・可能性がある

例.ヒロシの彼女が彼のもとを去った。そんなに気に病むなと言った。いい出会いがほかにもたくさんあるはずだから。

 a fish out of water -> someone who is uncomfortable in a particular situation

Ex. “I met my girlfriends friends last night. I felt like a fish out of water”

水から出た魚→ある特定の状況に居づらさを感じる人

例.昨夜、俺の彼女の友人達と会ってね。まるで陸(おか)に上がった魚のように居づらかったよ。

 the black sheep  of the family  -> someone who is thought to be a bad person by the rest of their family

Ex. “Uncle James officially became the black sheep  of the family after he was arrested for possession of cocaine.”

家族の中の黒い羊→家族から厄介者と思われている人

例.ジェームズおじさんはコカイン所持で逮捕され、世間的にも一族の面汚しとなった。

 monkey around - > do random, unplanned work or activities or spend time idly

Ex. “Would you please stop monkeying around? You have to study for your exams at some point.”

「猿」し回る→時間を浪費して、でたらめに無計画な仕事や活動をすること

例.お願いだから、だらだらするのはやめてくれない?いつかはテスト勉強をしなくちゃならないんだから。

 a wild goose chase -> an attempt to accomplish something impossible or unlikely of attainment.

Ex. “Did you buy that CD I asked you to? No. You sent me on a wild goose chase. I must have tried three shops.”

 雁の追跡→達成が不可能な、または見込めないことを成し遂げようとすること

例.僕が頼んだCD買った?ううん。無駄骨だったよ。お店、3つは回ったな。

英語レッスンLook like

One of the things that I noticed when I first arrived in Japan was that people had a habit of telling me that I looked like someone  famous. This was a bit puzzling to me because no one had ever made the comparisons before and to be honest I didn’t always agree with their comparisons. Up till now I’ve been told that I look like Eminem, Paul McCartney, Hugh Grant, and on one memorable occasion, Denzel Washington!

Here are a few more ways of using (look)

Look like (appear as if ) “Looks like it might rain later.” 

Look up ( check in a dictionary or encyclopedia) “I didn’t know the word so I looked it up in my dictionary)”

Look round (inspect/  check  apartments etc.) “We would like to have another look round the flat before we make a decision.”

Look over(check) “Can you take a look over this essay to see if there are any mistakes?”

Look out! (Give a warning of danger).  “Look out! There’s a car coming.”

初めて日本に来て気付いたことのひとつに、よく人が私のことを有名人の誰かに似ていると言う、というのがありました。これにはちょっと戸惑いました。誰からもそんなふうに比べられたことがなかったし、それに正直、そうだなといつも思ったわけではなかったからです。今までに、エミネム、ポール・マッカートニー、ヒュー・グラントに似ていると言われたことがありますが、デンゼル・ワシントンと言われたのは忘れられないですね!

(look)の使い方をもういくつか書いておきます。

Look like(〜のように見える)そのうち雨が降るかもって感じだね。

Look up(辞書・事典で調べる)その言葉を知らなかったので、辞書で調べた。

Look round(検査する/アパート・マンションの部屋などを調べる)この部屋に決める前に、もう一度見ておきたいのですが。

Look over(チェックする)この小論文に目を通して間違いがないか確かめてくれますか?

Look out!(危険を知らせる)気を付けて!車が来ているよ。

1) Cherry Blossoms – 桜 (英語・日本語訳)

I chose cherry blossoms as the first thing I love about living in Japan as they are in season now and they are truly stunning in their beauty. Are there many things better than siting outdoors in the warm spring weather drinking a brew, having some delicious food and enjoying the company of friends, all under the breath-taking beauty of the cherry blossoms?  Can a setting be any more beautiful? I do not think so. The beginning of spring brings us Japan at its most beautiful.

Tim

日本暮らしで気に入っているものとして、一番に桜を選びました。桜は今が盛りですし、まったくびっくりするほど美しいですからね。春の陽気の中、戸外に陣取り、一杯やりつつおいしい物を食べ、友人達と楽しみながら、息を飲むほど美しい桜の下にいる、これ以上のことって、そうそうありますかね?これ以上美しいロケーションって、ありえます?そうは思いませんね。春の始まりは、日本にこの上ない美しさを届けてくれます。

ティム先生

レッスンNo.1 天気のイディオムで英会話しよう

Spring has come and the weather is getting warmer.By the way, what do you think “under the weather” means?or “storm out”?

春になり、暖かくなってきています。ところで、 ”under the weather”「天気の下に」とはどういう意味だと思いますか?”storm out”「嵐になって出る」は?

Today we would like to introduce you to 5 very common weather idioms.                              今回は、とてもよく使われるお天気関係のイディオム(決まり文句)を、5つご紹介したいと思います

to feel under the weather —–> to feel sick                                                                                “I can’t go to work today, I’m feeling a bit under the weather.”

天気の下にいると感じる→気分が悪い                                                                                               今日は仕事に行けません。ちょっと気分が悪くて。

to storm out —> to leave angrily                                                                                              “He stormed out of the meeting in anger.” 

嵐になって出る→怒って出て行く                                                                                                        彼は怒ってミーティングから出て行った。

to get wind of something—-> become aware of something secret                                      “The police got wind of his plan to rob the bank.”

〜の風を手に入れる→秘密の〜に気付く                                                                                           警察は彼の銀行強盗計画に気付いた。

thunderous —> a loud, deep noise                                                                                         “His Oscars acceptance speech was greeted with thunderous applause.”

“雷のような→(音が)大きく、力強く、やかましい                                                                                 彼のアカデミー賞受賞スピーチは、万雷の拍手を受けた。

frosty—-> cold and unfriendly                                                                                               “After coming home late he was greeted with a frosty reception from his wife.”

“霜のような→冷たく、愛想のない                                                                                                     彼は、遅く帰宅して、妻から冷たく出迎えられた。

正しい英語のレッスン No.1

This is a mistake that our students often make.                                                                   これは、私達が教えている皆様がよくする間違いです。

“I presented my husband a watch for his birthday.”                                                            ”私は夫の誕生日に時計を進呈しました.”

この場合、動詞としてpresentは使わないのが普通で、私は夫の誕生日に時計をあげました。
・・・という方が自然です。

“I gave my husband a watch for his birthday.”

同様に、

“My wife presented me a watch for my birthday.”                                                             “妻は私の誕生日に時計を進呈しました”

とは普通言いません。

We say..

“I got a watch from my wife for my birthday/My wife gave me a watch for my birthday.’ 私は誕生日に妻から時計をもらいました/妻は私の誕生日に時計をくれました。

・・・と言います。

福岡市天神のケンジントン英会話スタッフのご紹介‏

At Hakata Station, a foreign tourist asked me for directions. I ran away saying, “Sorry, I can’t speak English!”(I was speaking English, though.) I’d studied English until I graduated from university, but…I got so frustrated, then in a few days, I started learning at an eikaiwa school.
Seven years later, when I saw a worried-looking foreign tourist in Tenjin, I spoke to her and told her how to get to Hakata Station in English. That was the moment I realized my English stepped out of “the world of classroom English” into “the world of practical English.” After that, I continued to learn and changed jobs so that I could use English some more. A couple of months ago, I met Tim and Jaimie and was offered a job at Kensington and after hearing their vision for the future I was completely blown away, I now have a feeling of being part of something really special and I am sure that once you come and meet us, you will feel so too.
I’m not only the staff here but also a learner, so I’m hoping I’ll be able to help you more thoughtfully and considerately.
Tomoyo Yamashita

博多駅で、外国からの旅行者に道を尋ねられた私。「すみません、英語、話せないので!」と言いながら走り去りました(英語、話していますが)。大学を出るまで英語はずっと勉強していたのに・・・あまりの悔しさに、数日後にはもう、英会話教室の生徒になっていました。
それから7年後、天神で、お困りの外国人旅行者に自分から声を掛け、博多駅への行き方を英語で説明できた私。自分の英語が「教室英語の世界」から「実用英語の世界」へ踏み出せたと感じた瞬間でした。その後も教室通いを続け、より英語を使う職場へとシフトしていきました。数ヶ月前にティム先生とジェイミー先生にお会いし、ケンジントンスタッフのお話を頂いた時、先生達の今後の展望を聞いてひたすら圧倒されました。とても素晴らしいプロジェクトに参加していると感じていますし、きっと皆様にも、ケンジントンにお越し下されば、同じように感じていただけると思います。
スタッフであるのと同時に、一学習者でもあるので、より親身になって生徒様のサポートができればと願っております。

山下智代

KENSINGTON英会話へようこそ。

Opening our own school together is something we have been planning for a long time, but the timing was never quite right.

We first outlined our plan as much as 10 years ago when we met while working for an eikaiwa school in Fukuoka. Even back when we had relatively little teaching experience, we recognized flaws in the way English was being taught and noticed that the systems implemented didn’t provide what we thought was a correct environment for learning.

Through our experiences working together over the past ten years we have come up with what we think everyone should have, an opportunity to learn useful English in an environment that encourages participation and is affordable to all.

We have taken great time and care in designing our lessons to make sure that you walk away after every class feeling satisfied that you have learned something new each time,  and we want to show you that English is not difficult or something to be studied as a science, but rather something to be enjoyed and learned through experiences with others.

It’s been a long time coming but finally our vision has come to life.

これから宜しくお願いします。

The Kensington team

 

ケンジントンへようこそ。
私達独自の英会話スクールを開こう、と決めたのはずいぶん前のことです。それ以来、オープンに最適な時期を今か今かと待ち続けてきました。
福岡のとある英会話教室で教えていた時に私達は出会い、そこで、こういうスクールをつくろう、という構想を練りました。もう10年も前になります。英会話教師としてまだ駆け出しだった当時ですら、教授法の欠点が見えていましたし、それに、当時のやり方では、私達が考えるような適切な学習環境を、提供することができないとも気付いていましたから。
10年以上、共に英会話教育に携わってきた経験を通して、皆様に提供すべきだと考え出したもの、それは、実用的な英語を、会話参加型のレッスンで、お手頃な価格で習得できる、そういう機会です。
レッスンのカリキュラムを組むにあたっては、じっくりと時間を掛け、細心の注意を払ってきました。これも、学習者の皆様に、「今日はこういう新しいことを学べた!」と、どのレッスンの後にも、満足して帰っていただけるように、との思いからです。また、英語は、難しくもなければ、いわゆる「お勉強」でもなく、むしろ仲間との経験を通して楽しく学ぶものだ、と皆様に実感していただけたら、という願いからでもあります。
長い歳月を要しましたが、ついに私達の構想が現実のものとなりました。
これから宜しくお願いします。
ケンジントン・スタッフ一同