月別アーカイブ: 2014年5月

新スタッフのご紹介

20140525_094900
Hello, I’m Chieri Hayashi. I just started working as a new staff member.
I love English. I watched a movie  called “High School Musical” when I was a high school student. I was so surprised at the school and culture being so different from Japan, and thought, “I want to know more about the cultures I don’t know yet.” That’s why I started studying English harder. Since I have been studying, I’ve had many kinds of experiences, and they’ve changed my life.
I would like lots of people to know the pleasure of learning English, so I hope you will experience it through Kensington Eikaiwa. In this school, you will have many chances to speak English. Also, the teachers teach you carefully and enjoyably. They, of course me too, will do everything we can to support your studies. I’m sure you will enjoy learning English, and acquire a greater ability.
I’m still studying English. I’d like to study and improve with you.

 

Chieri Hayashi

 

新しくスタッフとして入りました、林 千恵理です。
私は英語が大好きです。私がまだ高校生だった頃、ある映画を見ました。それは『ハイスクール・ミュージカル』です。日本とまったく違う学校や文化に驚き、「私がまだ知らない文化をもっと知りたい!」と思うようになりました。それが英語をさらに勉強するようになったきっかけです。英語を勉強し始めて、様々なことを経験することができ、人生観が変わりました。英語を勉強していて本当に良かったです。
私はたくさんの人に英語を学ぶ楽しさを知っていただきたい。なので、ケンジントン英会話を通して知っていただけると幸いです。このスクールでは、英語を話すチャンスがたくさんありますし、優しい先生方が丁寧に楽しく英語を教えてくれます。先生方が、(もちろん私もです!)全力であなた方をサポートしてくれますよ。きっと、楽しく学びながら英語を習得できるはずです。
私もまだ英語を勉強中です。一緒に学びながら共に成長しましょう。

 

林 千恵理

growの正しい使い方

Grow.
グロー。

A lot of people confuse the word grow with raise, but it can cause hilarity when used incorrectly.
grow(育てる)とraise(育てる)を混同する人がたくさんいますが、間違って使うと、大爆笑を引き起こしてしまう可能性があります。

Firstly we don’t use grow for children, we use it for things like plants.
そもそも、growは子供に対しては用いません。植物のようなものに対して使います。

Growing children can be hard, it takes a lot of patience.
子供を栽培するのは大変だったりする。かなり辛抱強さが必要なんだ。

Raising children can be hard, it takes a lot of patience.
子供を育てるのは大変だったりする。かなり辛抱強さが必要なんだ。

The former sentence gives an English speaker a strange mental image, perhaps of children standing in a pot being watered by their parents.
最初の文を聞くと、英語話者は、植木鉢の中に立っている子供が両親に水やりされている、というような
変なイメージを頭に描いてしまうのです。

The latter sentence is better.
後の文の方がいいですね。

If you want to use grow when talking about kids it is better to use grow to talk about size or grow up to talk about maturity. For example..
子供の話をしていて、growを使いたいと思ったら、体の大きさについて使ったり、大人びてきた、とgrow upを用いたりする方がいいです。例えば・・・

The kids are growing so quickly! Every time I see them they seem to be getting bigger.
子供達は育つのが実に早いなあ!会うたびに、だんだん大きくなっているようだよ。

Kids nowadays grow up so quickly, my six year old niece can already use an i phone better than me.
現代っ子達は本当に早熟で、6歳の姪なんて、もうiPhoneを私より上手に使えるの。

Here are a few more uses of grow
growの使い方をあともう少し。

Grow old (become boring)
(つまらなくなる)

Tim’s jokes grow old after a while.
ティムのジョークはしばらくすると受けなくなる

Grow out of (become too old for)
(成長して[癖など]が抜ける)

He used to play computer games all day but he grew out of the habit as he got older.
以前、彼は1日中コンピューターゲームをしていたものだが、年を重ねてその癖が抜け

Grow back in ( grow back to the original condition)
(元の状態に戻る)

The hairdresser has made a terrible mess of my hair!
あの美容師、俺の髪をめちゃくちゃにしやがった!

ーDon’t worry it will grow back in soon enough.
ー気にしないで、そのうち元通りになるでしょう。

5月31日・6月1日のレッスンで扱う重要語句と、単語カードをアップロードしています

皆様こんにちは。5月31日(土)・6月1日(日)のレッスンで扱う重要語句と、単語カードをアップロードしています。HP一番右上のtumblrアイコン、または下のリンクをクリック・タップして、しっかり予習して下さいね!!

May 31st, June 1st – Lessons and Flashcards – Sport

5月度レッスンは、6月1日(日)が最終日となっております。空席の確認など、どうぞお気軽にご連絡下さい。皆様にお会いするのを楽しみにしております。ケンジントン・スタッフ一同

よく使われることわざ

Some very often used proverbs
大変よく使われることわざ
"There's no place like home"
  "わが家に勝るところなし"
Home is the most satisfying place to be
  自分の家が最も居心地のよい場所である
"Blood is thicker than water"
  "血は水よりも濃い、他人より身内"
People who are related have stronger obligations to each other than to people 
outside the family
  身内の者同士の方が、家族でない者に比べて、恩義を強く感じるものである
 " If it ain't broke, don't fix it "
  "壊れていないものを修理するな"
Don't try to change something that is already working just fine
  もともと物事がうまく行っているのであれば、変えようとしてはならない
"You can't have your cake and eat it "
  "ケーキを食べたらケーキはなくなる"
 You can't have everything you want
  欲しいものすべてを持つことはできない
"Beggars can't be choosers"
  "物を恵んでもらうのに好き嫌いは言えない、背に腹は代えられない"
If someone gives you something you asked for, you should not complain 
about what you get
  物を恵んでもらうのであれば、もらう物に文句を言うことはできない
"Don't judge a book by its cover"
   "本の中身をカバーで判断するな、人は見かけによらぬもの"
 Don't judge things or people on their outward appearance
  物事や人を外見で判断してはならない
"All that glitters is not gold"
  "光るものすべてが金ならず、山高きがゆえに尊からず、見かけばかりの空大名"
the attractive external appearance of something is not a reliable indication of its true nature. 
  外見が魅力的でも、内面まで本当にそうだと当てにすることはできない

句動詞

Phrasal verbs can be very hard for English learners. Following are some we very usually use in our everyday conversations.

句動詞は、英語を学習する方にとって、かなり手強いことがあります。以下は、日常会話で特によく使われるものです。

 

Give away: Betray

〜を裏切る

Go back to: dates from

〜に遡(さかのぼ)る

Call on: go and visit

〜を訪問する

Go down with: catch (a sickness)

(病気)にかかる

Look up: find out the meaning

意味を調べる

Get at: reach

〜に届く

Take to: like

〜を好きになる

Turn down: refuse

〜を断る

 

I was offered a job in Osaka but I turned it down.

大阪で働かないか、と声が掛かったんだけど、断ったよ。

I’ve tried whiskey a number of times, but I never really took to it.

ウィスキーは何回も飲んでみたけれど、あまり好きになれないな。

There was no road to the place, making it really hard to get at.

そこへの道は1本もなくて、たどり着くのにかなり苦労するんだ。

If you don’t know what it means,  look it up in the dictionary.

意味がよく分からなければ、辞書で調べるといいよ。

I won’t be able to go to work tomorrow. I’ve gone down with a nasty cold.

明日は仕事に行けそうもないな。たちの悪い風邪を引いてしまったので。

Let’s call on Robert tonight. It’s been ages since we last saw him.

今夜、ロバートのところを訪ねましょう。ずいぶん久しぶりよね。

The house I live in goes back to the 16th century.

私が住んでいる家が建てられたのは、16世紀に遡ります

We knew he wasn’t German as his accent gave him away.

彼がドイツ人じゃないのは分かっていたよ。なまりでバレバレだったし。

5月24日・25日のレッスンで扱う重要語句と、単語カードをアップロードしています

皆様こんにちは。5月24日(土)・25日(日)のレッスンで 扱う重要語句と、単語カードをアップロードしています。HP一番右上のtumblrアイコン、または下のリンクをクリック・タップして、しっかり予習して下さいね!!

May 24th,25th – LESSONS AND FLASHCARDS – Restaurants    

また、5月度レッスンは、6月1日(日)までとなっております。空席の確認など、どうぞお気軽にご連絡下さい。皆様にお会いするのを楽しみにしております。ケンジントン・スタッフ一同

スポーツのイディオムで英会話しよう

image-9-for-muhammad-ali-70-pictures-at-70-gallery-907459292 (1)

Out for the count  (when a boxer is down and the referee is giving the count)  idiomatic meaning is asleep/ unconcious
ノックアウトされて(ボクサーがダウンし、レフェリーがカウントしているとき)  慣用句としての意味は、眠っていて/意識を失っていて
I was really tired after work last night, I was out for the count before 10.00.
昨日の仕事の後は本当にくたくたで、10時前に寝ていたよ。

 

Saved by the bell. (When a boxer is trouble but the round ends giving him another chance) Idiomatic meaning is to luckily get out of a difficult situation
ゴングに救われて(ボクサーがピンチのところ、ラウンドが終わり、別のチャンスが与えられて)  慣用句としての意味は、運よく困難な状況から抜け出せて

 

Par for the course  ( The average number of strokes it takes to finish a hole on a golf course)   idiomatic meaning is to be normal/ usual
ゴルフコースのパー(ゴルフコースの1ホールを終了するのに要する、平均的な打数)  慣用句としての意味は、普通のこと/いつものこと
His bad behaviour at the office party last night is pretty much par for the course.
昨日のオフィスパーティーでの彼の不品行は、まあだいたいいつものことだ。

 

Out of your depth ( an inexperienced swimmer in water that is too deep) idiomatic meaning is to be in a situation you cant handle because it’s above your abilities.
背の立たない深みにはまって(経験の浅い泳者が、水中の深すぎるところにいて)  慣用句としての意味は、能力が及ばないため、手に余る状況で
The young reporter was out of his  depth trying to interview the experienced politician.
記者の卵は、百戦錬磨の政治家にインタビューしようとして、あっぷあっぷの状態だった。

 

Neck and neck. When 2 horses are completely equal in a race. meaning to be equally placed in standings or rankings
首の差。2頭の馬がレースで完全に互角であるとき。席次やランキングで順位が同じであるという意味
The 2 main candidates for president are neck and neck in the polls.
2人の主な大統領候補は、世論調査で負けず劣らずだ。


イギリス英語とアメリカ英語

 

Many people ask me if British people and American people can understand each other and the answer is yes.
Pronunciation may differ and some spelling and grammar are slightly different but because of the cross culture of films, books, music etc. we never have difficulty communicating.
Here are a few examples of differences.
イギリス人とアメリカ人はお互い何を言っているのか分かるのですか?とよく尋ねられるのですが、答えは「イエス」です。発音が異なる場合はありますし、綴りと文法も、少し違うところはあります。ですが、映画、本、音楽などでお互いの文化が入ってくるので、何を言っているのか分からずに困るということは、全くありません。イギリスとアメリカで異なるものの例を、いくつか挙げておきます。

 U.K         U.S.A
イギリス  アメリカ
film   movie
映画
lift   elevator
エレベーター
rubbish  bin trash can
ゴミ箱
pavement  sidewalk
歩道
ground floor  first floor
1階
newsagents convenience store
コンビニ
petrol station gas stand
ガソリンスタンド
nappy   diaper
おむつ

These are a few of the different words, in the next post I’ll show you some of the different grammar and spelling.
以上、ほんの一部ですが、英米で異なる言葉をご紹介しました。次回の投稿では、英米で異なる文法と綴りのうち、いくつかをお見せしましょう。

5月17日・18日のレッスンで扱う重要語句と、単語カードをアップロードしています

皆様こんにちは。初回レッスンにご参加の方、お楽しみいただけましたでしょうか?早速ですが、5月17日(土)・18日(日)のレッスンで扱う重要語句と、単語カードをアップロードしています。HP一番右上のtumblrアイコン、または下のリンクをクリック・タップして、しっかり予習して下さいね!!

http://kensington-lessons.tumblr.com/tagged/May-17th18th

次回初めてご参加の方も含め、皆様にお会いするのを楽しみにしております。
ケンジントン・スタッフ一同

Mother’s Day — 母の日

Happy Mother’s day from Kensington Eikaiwa.

        ケンジントン英会話から、母の日のお慶びを申し上げます。

We celebrate Mother’s day on the 4th Sunday of March in the U.K, but many countries around the world celebrate it today. Today’s celebration originates from the U.S.A. It is customary in western countries for mums to have a lie in today and for their kids or husbands to bring them breakfast in bed. They may also receive chocolates, cards, or flowers. What will you do for your mum today?

イギリスでは3月の第4日曜日に母の日を祝いますが、世界の多くの国々では今日お祝いをします。これは元々アメリカで始まったものです。西洋諸国では、お母さんはこの日は朝寝をし、子供達と旦那さんが、お母さんの寝床に朝食を持ってきてあげる、というのが慣例です。チョコレート、カード、お花を贈ることもあります。皆様は、今日はお母様に何をしてあげますか?