オーストラリアのクリスマスとスラング

 

ケンジントン英会話ブログ:オーストラリアのクリスマスとスラング

講師デニー

今日のテーマはオーストラリアのクリスマスです。
オーストラリアでのクリスマスのことを「Christmas Down Under」と言います。
オーストラリアがある南半球は12月に夏になるため、世界中の他の地域のクリスマスとはかなり異なります。
また、家のイルミネーション、バーベキュー、おかしなスラングなど、文化的にも大きく異なるため、今日のブログでそれを探ってみましょう。

 

Aussieのクリスマスのスラング

Aussie」とは、「Australian (オーストラリア人、オーストラリアの)」を表すスラングです。
また、「Christmas (クリスマス)」をオーストラリアのスラングで「Chrissie」と言います。
オーストラリアはクリスマスを中心に、外国人に混乱を招くようなスラングをよく使います。
たとえば、このようなスラングを使います。

多くの「Aussies」は「Chrissie」に「barbie」をしたり、「cold one」を飲んで「cozzies」で「dip」に行くのが好きです。

何を言っているか理解できましたか?
おそらく理解できなかったでしょう。
単語の意味はこちらです。

  • ⚫︎ Barbie = barbecue
  • ⚫︎ Chrissie = Christmas
  • ⚫︎ Cold one = cold beer
  • ⚫︎ Dip = swim
  • ⚫︎ Cozzies = swimming underwear

したがって、翻訳すると次のようになります。

「オーストラリア人はクリスマスにバーベキューをしたり、冷たいビールを飲んで水着で泳ぎに行くのが好きです。」

他にもたくさんのスラングがありますが、それらを紹介するとブログが長くなりすぎるので、今回はここまで。

 

オーストラリアのクリスマスイルミネーションとキャロル

オーストラリアでは、特に裕福な地域ではクリスマスにたくさんのイルミネーションが飾られます。
人々はこれらの地区を歩き回り、細部までこだわってデザインされたイルミネーションが施された家々を見て回ります。
時にはどの家が最も素晴らしいか審査することもあります。

最高のイルミネーションには賞が贈られることもあります。とても素敵です。

(オーストラリアのクリスマスが映されたYouTube動画)

また、他にもクリスマスイブに人気のあるイベントのひとつに「Carols by Candlelight」があります。
これは国立公園やスタジアムで開催されるコンサートで、多くの有名なオーストラリアの歌手たちがキャンドルを持った観客とともに有名なクリスマスキャロルを歌います。
多くの家族がこのイベントに参加し、テレビでも生中継されるため、クリスマスムードを高めてくれます。

 

私のオーストラリアのクリスマスの思い出

オーストラリアにはしばらく帰ってないのですが、オーストラリアでのクリスマスの良い思い出は、子どもの頃に「Carols by Candlelight」を見ていたことです。ほぼ毎年、家族とテレビで見ていました。
クリスマスの日はたくさんのプレゼントを開け、親戚が家に来てプレゼント交換をし、その後はビーチか自宅のバルコニーでバーベキューをしました。

クリスマスは通常とても晴れていて暑いため、全体的に素晴らしい時間です。
いつかオーストラリアのクリスマスを体験することをおすすめします。
ただし、非常に暑くなるので日焼け止めは忘れずに。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Chrissie “Down Under”

Today’s topic is about “Christmas Down Under”, which is a term to refer to Christmas in Australia, which is quite different from the rest of the world due to the southern hemisphere being in summer in December. It’s also culturally very different with lots of things like housing illuminations, barbecues and strange slang, so let’s explore that in today’s blog.

Aussie Chrissie Slang

If you’re not sure what “Aussie” means, it’s a shortened form for “Australian”, and “Chrissie” refers to “Christmas”.

In fact, Aussies tend to have a lot of slang that can be confusing for people coming into the country, especially around Christmas. A lot of Aussies, for example, like to have a barbie during Chrissie while opening a cold one and going for a dip with their cozzies.

Did you understand that sentence at all? Probably not, but to give some idea of what some of those words mean:

  • – Barbie = barbecue
  • – Chrissie = Christmas
  • – Cold one = cold beer
  • – Dip = swim
  • – Cozzies = swimming underwear

So, to give a normal English translation:

“Australians like to have a barbecue for Christmas as well as drinking cold beer and going for a swim in their swimsuits”.

There are many more slang terms, but that’ll make the blog very long.

Illuminations and Carols

Australia tends to have a lot of illuminations during Christmas, particularly in wealthy neighbourhoods. People would walk around these neighbourhoods, looking at all the meticulously designed illuminated houses and also sometimes “judge” which ones are the best. The best illuminations get prizes sometimes. It’s really cool.

Best Christmas Light Display in Australia 2021

Another popular event on Christmas eve is “Carols by Candlelight”. It’s a kind of concert held in a national park or stadium where many famous Aussie singers go to sing famous Christmas carols with crowds sitting by with candles. A lot of families tend to go to this event and it’s also live on TV, so it really sets the mood for Christmas.

Memories of Aussie Chrissie

While I haven’t been to Australia in a long time, I have fond memories of Carols by Candlelight as a child. I used to watch it on TV with my family almost every year, and on Christmas day I would open a lot of presents, have my extended family visit us and exchange gifts, then we’d have a barbecue, either at the beach or at home on the balcony.

Christmas is also usually very sunny and hot, so it’s a nice time all round. I highly recommend Australian Christmas sometime, it’s very nice, but be sure to wear sunscreen as it gets REALLY hot.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

【クリスマスで使える英語】「pig out」 – 食べすぎる、大食いする

ケンジントン英会話ブログ:【クリスマスで使える英語】「pig out」 - 食べすぎる、大食いする

講師ジェイミー

こんにちは、みなさん。
月曜日がまたやってきました。クリスマスももうすぐですね。
この時期に私が好きなことの一つは食べ物です。
そこで今日は「pig out (食べすぎる、大食いする)」という表現をご紹介します。

 

「pig out」の意味

【クリスマスで使える英語】「pig out」 - 食べすぎる、大食いする

pig out」は大量の食べ物を食べることを意味します。
何を食べたのかを指定するときには、前置詞「on」を一緒に使います。

英語には「pig (豚)」に関連した多くの表現があり、そのいくつかは欲張りであることや食べ過ぎに関連しています。
私は若いころ、少しのあいだ実際に農場で暮らしていましたが、あなたも豚が食べるのを見たことがあれば、その理由がわかるでしょう。

 

「pig out」を使った例文

「pig out (on)」の例文をいくつかご紹介します。

[例文]
I can’t wait for Christmas dinner, I’m going to pig out on the turkey and stuffing!
(クリスマスディナーが待ちきれない。ローストターキーとスタッフィングで食べ過ぎるつもりだ!)

I really pigged out at dinner today! I’m so full I can’t move.
(今日のディナーは本当に食べ過ぎた!お腹いっぱいで動けない。)

One of the things I love about eating out in Japan is the buffets and all-you-can-eat menus. There is nothing better than pigging out on all that good food especially if they have all you can drink too!
(日本で外食することの中で好きなことは、ビュッフェや食べ放題メニューです。特に、飲み放題もあれば、その美味しい食べ物を食べ過ぎることほど良いことはありません!)

 

私のある日のクリスマスディナー

【クリスマスで使える英語】「pig out」 - 食べすぎる、大食いする

私の父はクリスマスにはいつも本当に全力を尽くしてくれていて、残念ながら肉の写真しか撮れませんでしたが、信じてください、これからもっともっとたくさんのものが出てくるんです。
リンゴソースを添えたローストポーク、クランベリーとナッツのスタッフィングのローストターキー、チーズのかかったローストハム。そして左上の角には父が作った、健康上の警告が必要なほどバターをたっぷり使った素晴らしく美味しいソーセージロールがあります。絶品です。

【クリスマスで使える英語】「pig out」 - 食べすぎる、大食いする

 

「pig」を使った他の英語フレーズ

【クリスマスで使える英語】「pig out」 - 食べすぎる、大食いする

先ほどに言ったように、英語には「pig (豚)」に関連する表現がたくさんあり、残念ながら豚にとってはそのほとんどが少しネガティブです。しかし、豚は気にしないでしょう。

greedy as a pig (非常に欲張りな人であること)

My son’s friend Colin is as greedy as a pig. He came to the birthday party and ate all the cookies before anyone could get a chance!
(私の息子の友人のコリンは豚のように欲張りです。彼は誕生日パーティーに来て、誰も手をつける前にクッキーを全部食べてしまった! )

make a pig of oneself(食べ過ぎる)

I feel really bloated today. We went to a dinner party at a friend’s house last night. She’s a really good cook and I made a bit of a pig of myself. I’ll have to hit the gym later
(今日は本当にお腹が苦しい。昨夜友人の家でディナーパーティーに行ったんだ。彼女は本当に料理が上手で、ちょっと食べ過ぎてしまった。後でジムに行かなきゃ)

like a pig sty(散らかった/汚れた状態である)

Clean your room! It looks like a pig sty
(部屋を片付けなさい!豚小屋みたいだよ)

 

まとめ

今日は「pig out」やその類似フレーズをご紹介しました。
「食べ過ぎた」ということを伝えたいときは、かわいそうな豚たちに頼って、創造的な言い回しで表現することができます。

お役に立てると嬉しいです。

ジェイミー

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Hello there everyone, Monday is here again and Christmas is just around the corner

I don’t know about you but one of the things I love about this time of year is the food so today I will introduce this expression “pig out”

Meaning

Pig out means to eat a huge amount of food. We also use it with the preposition on when specifying what kind of food we ate.

We have a lot of different expressions connected to pigs in English and some of them are connected to being greedy or eating too much. When I was younger I actually spent a bit of time living on a farm and if you have ever seen pigs eat then you will understand why. 

Here are some examples of how to use pig out (on).

  • I can’t wait for Christmas dinner, I’m going to pig out on the turkey and stuffing!
  • I really pigged out at dinner today! I’m so full I can’t move.
  • One of the things I love about eating out in Japan is the buffets and all-you-can-eat menus. There is nothing better than pigging out on all that good food especially if they have all you can drink too!

Christmas Dinner! 

Here are a couple of pictures from Christmas long long ago. My dad used to really pull out all the stops for Christmas and unfortunately I only got a picture of the meat but believe me there was much much more than this to come. We had roast pork with apple sauce, turkey with cranberry and nut stuffing, roast ham with cheese crust and in the top left corner were his amazing sausage rolls which contained enough butter that they should have come with a health warning. Absolutely delicious. 

Similar Expressions

Like I said earlier there are a lot of expressions connected to pigs in English and unfortunately for pigs most of them are slightly negative although I’m sure the pigs don’t mind.

  • greedy as a pig ( to be a very greedy person)

“My son’s friend Colin is as greedy as a pig. He came to the birthday party and ate all the cookies before anyone could get a chance! “

  • make a pig of oneself (to eat too much)

“I feel really bloated today. We went to a dinner party at a friend’s house last night. She’s a really good cook and I made a bit of a pig of myself. I’ll have to hit the gym later”

  • like a pig sty (to be in a messy/ dirty state)

“Clean your room! It looks like a pig sty”

Wrap Up

So there we have it. If you want to express the fact that you have eaten too much, you can always fall back on the poor old pigs to help you describe it in nice colourful language. 

Hope that comes in handy, 

Jaimie


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

イギリスのスラング「Mate」「Knackered」「Gutted」「Cheers」の意味は?

ケンジントン英会話ブログ:イギリスのスラング「Mate」「Knackered」「Gutted」「Cheers」の意味は?

講師ティム

スラングは、言語学習の楽しくて役立つ側面であり、日常会話を理解するのに役立つだけでなく、文化のユニークな視点を与えてくれます。
今日は、よく使われるイギリスのスラングとその意味を探り、イギリスの人々とより簡単にコミュニケーションを取るための例文をご紹介します。

 

イギリスのスラング「mate」

ケンジントン英会話ブログ:イギリスのスラング「Mate」「Knackered」「Gutted」「Cheers」の意味は?

mate」は、友達や仲間を意味する典型的なイギリスの言葉です。誰かに対するカジュアルで友好的な呼び方です。

[例文]
Hey, mate, do you fancy a pint after work?
(ねえ、仕事の後に一杯どう?)

My mate John is coming over for dinner tonight.
(今夜は友達のジョンが夕食に来るんだ。)

I may know a good English teacher. One of my mates is coming to Fukuoka in spring and has worked in Japan as an English teacher for many years.
(いい英語の先生を知ってるかもしれない。春に福岡に来る友達がいて、日本で長年英語講師として働いていたんだ。)

 

イギリスのスラング「knackered」

ケンジントン英会話ブログ:イギリスのスラング「Mate」「Knackered」「Gutted」「Cheers」の意味は?

knackered」は、とても疲れたり疲労困憊していることを表すイギリスのスラングです。疲労を表現するのに使われます。

[例文]
I’ve been working all day; I’m absolutely knackered.
(一日中働いて、本当に疲れたよ。)

Teaching kids is an incredibly fun and rewarding profession but sometimes at the end of the day I feel too knackered to do anything else than eat dinner and crash out.
(子供たちを教えるのは非常に楽しくてやりがいがある仕事だけれど、ときどき一日の終わりには夕食を食べてすぐ寝る以外何もしたくないほど疲れ果ててしまう。)

 

イギリスのスラング「gutted」

ケンジントン英会話ブログ:イギリスのスラング「Mate」「Knackered」「Gutted」「Cheers」の意味は?

gutted」は、極度の失望や悲しみを表すスラングです。本当にがっかりした状況でよく使われます。

[例文]
I can’t believe we missed the last train; I’m absolutely gutted.
(最後の電車に乗り遅れたなんて信じられない、本当に落ち込んでる。)

I was gutted when I heard that I wasn’t chosen for the job.
(その仕事に選ばれなかったと聞いて、本当に落ち込んだ。)

 

イギリスのスラング「cheers」

ケンジントン英会話ブログ:イギリスのスラング「Mate」「Knackered」「Gutted」「Cheers」の意味は?

cheers」は、乾杯する時だけでなく、さまざまな使い方ができるスラングです。
いろんな文脈で「ありがとう」「さようなら」または何かに同意や理解を示すフレンドリーな方法として使われます。

[例文]
Cheers for helping me with my groceries.
(食料品の買い物を手伝ってくれてありがとう。)

Cheers, see you later!
(さようなら、またね!)

You know we have a meeting tomorrow? Cheers.
(明日会議があること知ってる?よろしくね。)

「Cheers」の詳細については下記の記事にまとめてますので、ぜひご覧ください。

【イギリスのスラング】「cheers」の意味と使い方

 

私のレッスンでは、生徒さんたちが誰と英語で話すかにかかわらず、どんな状況でも使える英語を話すようにしています。
多くの生徒さんが仕事や旅行のため、または外国人とより良くコミュニケーションを取るために英語を学んでいますが、その多くの場合、彼らが話す外国人は全員イギリス人という訳ではないからです。
イギリスやイギリス人との交流に興味がある生徒さんには、イギリスのスラングをご紹介しています。

 

まとめ

mate」「knackered」「gutted」「cheers」などのイギリスのスラングを探求することは、イギリスの文化や言語への理解を深める助けなります。
英語講師として、私は主にイギリスに興味があったり、イギリス人と交流する生徒さんたちにスラングを選択的にご紹介しています。
スラングは会話をカラフルにするものですが、考えて使用するべきだということは忘れないでくださいね。
教えたり、旅行したり、学習したりに関わらず、スラングはあなたの言語スキルを豊かにし、異なるバックグラウンドを持つ人々との繋がりを助けてくれます。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

British Slang – What do “Mate,” “Knackered,” “Gutted,” and “Cheers” mean?

Slang can be a fun and useful aspect of language learning, helping you understand everyday conversations and giving you a unique view of the culture. Today we’ll explore some commonly used British slang terms, their meanings, and provide example sentences to help you be able to communicate with British people more easily. 

“Mate”

Definition: “Mate” is a quintessentially British term for friend, buddy, or companion. It’s an informal and friendly way to address someone.

Example Sentences:

  • 1. Hey, mate, do you fancy a pint after work?
  • 2. My mate John is coming over for dinner tonight.
  • 3. I may know a good English teacher. One of my mates is coming to Fukuoka in spring and has worked in Japan as an English teacher for many years.

“Knackered”

Definition: “Knackered” is a British slang word for feeling extremely tired or exhausted. It’s used to express fatigue.

Example Sentences:

  • 1. I’ve been working all day; I’m absolutely knackered.
  • 2. Teaching kids is an incredibly fun and rewarding profession but sometimes at the end of the day I feel too knackered to do anything else than eat dinner and crash out. 

“Gutted”

Definition: “Gutted” is a slang term used to express extreme disappointment or sadness. It’s often used in situations where you’re really let down.

Example Sentences:

  • 1. I can’t believe we missed the last train; I’m absolutely gutted.
  • 2. I was gutted when I heard that I wasn’t chosen for the job. 

“Cheers”

Definition: “Cheers” is not just a toast for a drink; it’s also a versatile slang word. In various contexts, it can mean thank you, goodbye, or a friendly way to acknowledge something.

Example Sentences:

  • 1. Cheers for helping me with my groceries.
  • 2. Cheers, see you later!
  • 3. You know we have a meeting tomorrow? Cheers. 

As an English teacher in Fukuoka, Japan, I try to use language with my students that can be used in any situation regardless of who they are speaking to. Many of our students learn English for work, travelling or for being able to communicate with foreign people better and in many of those instances the foreign people they will be talking to won’t be British. So, I only really introduce British slang to students that are interested in Britain or will be interacting with British people. 

In sum, exploring British slang, including words like “mate,” “knackered,” “gutted,” and “cheers,” offers a window into UK culture and language. As an English teacher, I introduce slang selectively, mainly to those interested in Britain or interacting with Brits. As English learners please remember that slang makes conversations colorful but also that it should be used thoughtfully. Whether you’re teaching, traveling, or just learning, slang can spice up your language skills and help you connect with people from different backgrounds.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

Crowdsourcing(クラウドソーシング)を英語で説明【多読】

ケンジントン英会話ブログ:Crowdsourcing(クラウドソーシング)を英語で説明【多読用にどうぞ】

講師ヘンリー

Hello there,  have you  heard  or read the term crowdsourcing or crowdsource on Social Media, business news, meetings or podcasts but not so sure what it is? You have stopped by at the right time because I’ll be explaining what it is, and its relevance in today’s workplace,business and social circles.

What is crowdsourcing?

Crowdsourcing is a practice of getting input, ideas, services, or content by soliciting or asking for contributions from people all over the world, on  the internet. It’s a way of accessing and using the intelligence, skills, and creativity of a  large number of people to solve problems, get ideas, or complete tasks.

The term crowdsourcing is said to have first appeared in an article by Jeff Howe and Mark Robinson published in the June 2006 issue of  Wired magazine.

Examples of well known work or projects using crowdsourcing include:

Wikipedia: Wikipedia relies on volunteers worldwide who create and edit its content.  

Open Source Software Development: Projects like Linux and Apache get contributions from a global community of developers who collaborate to build and improve open-source software.

Crowdfunding: Platforms like Kickstarter and Indiegogo allow individuals or businesses to raise funds for projects by asking for small donations from a large number of people.

Design Contests: Companies often use crowdsourcing for design work, running contests to get various design ideas for logos, websites, or other creative projects.

Today many companies, social organizations, associations and individuals seek collaboration or ask for help from people around the world who are willing to share their ideas, expertise or skills for free or for a small fee. All one needs to do is to clearly outline the specific task or problem they need help with. For example  gathering ideas or solving a problem,  and then choose the right crowdsourcing platform.

My own experience with crowdsourcing

ケンジントン英会話ブログ:Crowdsourcing(クラウドソーシング)を英語で説明【多読用にどうぞ】

I’m a member of a Non-Profit Organization (NPO) named Fukuoka-Uganda Friendship Association, a charity organization that raises money for water wells in Africa. In 2020 we launched a crowdfunding project and raised more than a million JPY in about three weeks!

We want to deliver clean water to the people of Uganda! – CAMPFIRE (camp-fire.jp)

To sum up, crowdsourcing is one of the powerful tools of the digital age that we can use to share skills, ideas, content, designs and other  resources to create new things, solve problems and  accomplish tasks in the workplace, business, social circles and many others.

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[日本語訳]

こんにちは。「crowdsourcing (クラウドソーシング)」や「crowdsource (クラウドソース)」という言葉を聞いたり読んだりしたことはありますか?
ソーシャルメディア、ビジネスニュース、会議、ポッドキャストなどで聞いたことがあるかもしれません。
しかし、それが何なのかよく分からない方は、ちょうど良いタイミングで立ち寄りましたね。
crowdsourcing」が何なのか、また、今日の職場、ビジネス、社会の中での関連性をご説明します。

「crowdsourcing」の意味

crowdsourcing (クラウドソーシング)」は、インターネット上で世界中の人々から意見、アイデア、サービス、コンテンツを得られる手法です。
問題を解決したり、アイデアを得たり、タスクを完了させるために多くの人々の知恵、スキル、創造力を活用する方法です。

crowdsourcing」という用語は、ジェフ・ハウとマーク・ロビンソンが2006年6月のWired誌に書いた記事で初めて登場したと言われています。

crowdsourcing」を使っているよく知られた作品やプロジェクトの例はこちらです。

ウィキペディア:ウィキペディアは世界中のボランティアがコンテンツを作成し編集しています。

オープンソースソフトウェア開発:LinuxやApacheのようなプロジェクトは、オープンソースソフトウェアを構築し改善するために世界中の開発者コミュニティの貢献を受けています。

クラウドファンディング:KickstarterやIndiegogoのようなプラットフォームでは、個人や企業が多くの人から少額の寄付を募ることでプロジェクトの資金を調達できます。

デザインコンテスト:企業はしばしばデザイン作業のためにクラウドソーシングを使用し、ロゴ、ウェブサイト、その他のクリエイティブなプロジェクトのさまざまなデザインアイデアを得るためのコンテストを開催します。

今では、多くの企業、組織、団体、個人が、無料または少額の報酬と引き換えに、世界中のアイデア、専門知識、スキルを共有する意思のある人々との協力を求めています。
必要なのは、助けが必要な具体的なタスクや問題をはっきりと説明し(例えばアイデア集めや問題解決など)、適切なクラウドソーシングプラットフォームを選ぶことです。

私のクラウドソーシングに関する経験

私は「福岡ウガンダ友好協会 (Fukuoka-Uganda Friendship Association)」という非営利団体のメンバーです。この団体は、アフリカの井戸のための資金を集める慈善団体です。
2020年にはクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げ、約3週間で100万円以上を集めることができました!

GoodMorningの記事:【井戸建設】ウガンダの人々に清潔な水を届けたい!

まとめ

crowdsourcing」はデジタル時代の強力なツールの一つで、スキル、アイデア、コンテンツ、デザイン、その他のリソースを共有し、新しいものを創造し、問題を解決し、職場、ビジネス、社会的な環境、その他多くの場面でタスクを達成するために利用することができます。


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

「脚色する」は英語で「artistic license」【日常英会話】

ケンジントン英会話ブログ:「脚色する」は英語で「artistic license」【日常英会話】

講師デニー

今日のブログでは、「artistic license (脚色する)」というフレーズについて解説します。
これはよく使われる表現ですが、第二言語として英語を学ぶ人にとっては最初は少し混乱するかもしれません。
誰かが会話で「artistic license」という言葉を使った時でも、文脈を理解し全体の意味をつかめるように、この言葉を事前に知っておくと役に立つでしょう。

 

「artistic license」の意味 ケンジントン英会話ブログ:「脚色する」は英語で「artistic license」【日常英会話】

artistic license」を文字通りに捉えると、芸術に関する何らかのライセンスを持っているということになります。
しかし、実際はライセンスとは何の関係もありません。
artistic license」とは、創造的である自由をもつこと、またはあなたが語る物語に何かを追加したり取り除いたりして、それをもっと魅力的で面白く、または自分にとって良いものにすることです。
例えば、事故に関して自分の過ちについての事実は省略して、他人が悪く見えるように話を大げさにすることがよくあります。
これが「artistic license」の考え方の一つです。

 

「artistic license」の例文

ケンジントン英会話ブログ:「脚色する」は英語で「artistic license」【日常英会話】

それではここで2つの例を挙げます。
1つは事実に基づいた事実の話、もう1つは「artistic license」が適用された同じ話です。

[事実の話]
I went to the shop, bought some apples and then relaxed at the park. I also met my friend!
(私はお店に行き、リンゴを買ってから公園でくつろぎました。友達にも会いました!)

[ “artistic license”が適用された話]
As I traveled to the local markets on a sunny but breezy day, I decided to purchase local fruits sold by a wonderful merchant. I then explored nature nearby in a quiet park where I encountered an old friend of mine.
(晴れていて微風が心地よい日に地元の市場に足を運び、素敵なお店の人から地元の果物を購入することにしました。その後、近くの静かな公園で自然を散策し、昔の友人にばったり会いました。)

最初の文はとても基本的で事実に基づいており、要点を押さえていますが、2つ目は非常に詳細で多くの誇張が加えられています。
物語を語ることは面白いものであるべきです!

下記の例文では、内容は詳細で芸術的ですが、話し手が赤信号を渡っていたことを省略しています。

[事実の話]
He rode his bike and came out of nowhere, hitting me on the side, but I was in the wrong because I was riding on a red light.
(彼は自転車に乗って突然現れ、私の横をぶつけてきましたが、私が悪かったのは赤信号なのに自転車で走っていたからです。)

[ “artistic license”が適用された話]
Out of the blue, he appeared on his bike, catching me by surprise with an unexpected collision.
(突然、彼は自転車に乗って現れ、予期せぬ衝突で私を驚かせました。)

最後に、文の中での使い方をご紹介します。

He took a lot of artistic license with that story.
(彼はその話にかなりの脚色を加えました。)

The movie Saving Private Ryan is pretty realistic, but there’s also a lot of artistic license applied.
(映画『プライベート・ライアン』はかなり現実的ですが、かなりの脚色も加えられています。)

 

「artistic license」の言い換え

ケンジントン英会話ブログ:「脚色する」は英語で「artistic license」【日常英会話】

「artistic license」を他の言い方で言うとすれば、「be creative (創造的、クリエイティブである)」と言えます。

例えば、

You can be pretty creative with the story, you know.
(その話はかなり創造的にできるよね。)

That story got very creative even if it wasn’t realistic.
(その話は現実的ではなかったけれども、かなり創造的になりました。)

The movie ‘Braveheart’ was fun, but not realistic. They got a bit creative with history.
(映画『ブレイブハート』は楽しかったけど、現実的ではない。彼らは歴史にちょっと創造的な要素を加えています。)

 

私の「artistic license」とまとめ

私の話をすると、英語を教えている時の私の発言は「artistic license」を多く用いていることが多いです。
なぜなら、生徒さんたちに基本レベルから上級レベルまでの言葉や、物語を語るスタイルで話される英語を聞くことが役立つからです。
これは創造的な思考を広げるのに役立ち、また生徒さんたちに英語がどのように機能し、どれほど美しく響くかを示すことができます。

artistic license」という言葉の意味と、それを生活の中で使う方法がお分かりいただけたでしょうか。
このブログがお役に立てたら嬉しいです。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

What Does Artistic License Mean?

Today’s blog post is all about the phrase “artistic license”, which is a somewhat common phrase in general English that may be a bit confusing at first for secondary language learners. It’s a useful one to know in the case that someone applies it to a sentence in conversation, as it’ll help you get context and understanding overall.

The Meaning

If we are literal, “artistic license” would mean you have some kind of license for art. That said, it has nothing to do with this. The meaning of artistic license is to have the freedom to be creative or add onto or remove parts of a story that you’re telling in order to make it more engaging, interesting or even make it more favorable to you. People would often do this in order to make them look good in an accident, for example, where they omit facts about their mistakes, but add a lot of exaggeration to the story to make the other person look bad. That’s one way you can think of “artistic license”.

Examples and Use Cases

There’ll be two examples here: one showing a story that is factual and true, and then the same story but with “artistic license” applied.

“I went to the shop, bought some apples and then relaxed at the park. I also met my friend!”

vs

“As I traveled to the local markets on a sunny but breezy day, I decided to purchase local fruits sold by a wonderful merchant. I then explored nature nearby in a quiet park where I encountered an old friend of mine.”

Notice that the first sentence is very basic, factual and to the point, but the second is very detailed with a lot of exaggeration applied. Telling a story is meant to be interesting!

“He rode his bike and came out of nowhere, hitting me on the side, but I was in the wrong because I was riding on a red light.”

vs

“Out of the blue, he appeared on his bike, catching me by surprise with an unexpected collision.”

Notice that it’s detailed and artistic, but omits that the speaker crossed a red light.

Finally, using the word in a sentence:

“He took a lot of artistic license with that story.”
“The movie Saving Private Ryan is pretty realistic, but there’s also a lot of artistic license applied.”

Other Ways to Say “Artistic License”

Another way to say “artistic license” is to “be creative.” ie.

“You can be pretty creative with the story, you know.”

“That story got very creative even if it wasn’t realistic.”
“The movie ‘Braveheart’ was fun, but not realistic. They got a bit creative with history.”

Personal Examples and Conclusion

In my daily life, I tend to have a lot of artistic license with what I say in English teaching, because it’s useful for students to hear me speak on a basic level of English, up to advanced, storytelling styles. It’s a useful ability to have because it stretches your creative mind and also shows students how English can function – and how beautiful it could sound.

Hopefully you now understand both the meaning of the term, and how to have artistic license in your own life.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

【よくある間違い】「safe」と「safety」の使い方

【よくある間違い】「safe」と「safety」の使い方

講師ジェイミー

みなさん、再びこんにちは。
今日のブログでは、「safe」と「safety」という単語の違いについてお話しします。
これは私の生徒さんたちがよく混同している言葉ですが、簡単に修正できます。
日本はとても安全な国なので、旅行に関するレッスンを行なっている時や、日本について話している時によく耳にします。

 

「safe」と「safety」の違い

【よくある間違い】「safe」と「safety」の使い方

基本的に「safety」は名詞なので、何かを説明するためには使用しません。
「safe」は形容詞なので、場所や状況などを説明するために使用します。

 

「safe」を使った例文

【よくある間違い】「safe」と「safety」の使い方

これはよくある間違いの一つで、私が最もよく耳にするものでもあります。

❌ Japan is a very safety country.

この20年間英語を教えてきた間に、何度もこの間違ったフレーズを耳にしてきました。
おそらく、日本人の多くの方が「safety driver」という言葉を使うからかもしれません。

正しい文章はこのようになります。

Japan is a very safe country.
(日本はとても安全な国です。)

I am a very safe driver.
(私はとても安全なドライバーです。)

My neighbourhood is really safe. We’ve never experienced any kind of crime since we’ve lived there.
(私の住む地域は本当に安全です。私たちがそこに住んで以来、犯罪に遭遇したことはありません。)

 

「safety」を使った例文

ここでは「safety」という言葉を使った例文をご紹介します。

下記の言葉は建設現場や危険が伴う職場などでよく見かける言葉です。

Safety First
(安全第一)

飛行機に搭乗した際によく耳にするアナウンスのなかにも「safety」が使われています。

For the safety of our passengers and crew. All luggage must be stored in the overhead compartment or under your seat during take off and landing.
(乗客および乗務員の安全のため、離陸および着陸中はすべての手荷物を頭上の収納スペースまたは座席の下に収納してください。)

 

類似のよくある間違い「danger」と「dangerous」

【よくある間違い】「safe」と「safety」の使い方

頻繁ではありませんが、「danger」と「dangerous」を混同している方もいます。
「safety」と「safe」のように、「danger」は名詞「dangerous」は形容詞です。

Danger! Do not enter. High Voltage Wires
(危険!入らないでください。高電圧の電線があります。)

Don’t touch that cable. It is old and frayed and looks a bit dangerous. I’ll buy a new one today.
(そのケーブルには触れないでください。古くてほつれていて、少し危なく見えます。今日新しいものを買います。)

 

まとめ

以上が「safe」と「safety」の違いです。
それらの違いは明確で、使い方を覚えておけばそれほど難しくありません。
「safe」は形容詞なので、場所や人、地域、近隣などを説明するために使用でき、「safety」は名詞なので、上で示したような看板やアナウンスでよく使われます。
お役に立てると嬉しいです。

ジェイミー

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Common English Errors (Safe vs Safety) 

Hello again everyone. In my blog today I’ll show you the difference between the words safe and safety because it is something that my students seem to confuse very often and is also an easy fix. I often hear it when we do the travel based classes or when we are talking about Japan because as you are all aware, Japan is a very safe country. 

Difference Between Safe and Safety

Basically, safety is a noun so we don’t use it to describe something. Safe is the adjective and is what we use to describe places, situations, and so on. 

Examples

This is an example of one of these mistakes and it is also the one I hear most often.

Japan is a very safety country.

I’ve heard this so many times in my 20 years teaching here and it is incorrect, maybe it’s because a lot of Japanese people use the term “safety driver”

This is the correct version.

Japan is a very safe country.

I am a very safe driver.

My neighbourhood is really safe. We’ve never experienced any kind of crime since we’ve lived there.

Here are some examples of how to use the word “safety” in a sentence.

You will often see this on construction sites or workplaces where there is a risk of danger involved. 

“Safety First” 

You will also hear this announcement after boarding a flight. 

“For the safety of our passengers and crew. All luggage must be stored in the overhead compartment or under your seat during take off and landing. “

Similar Errors

Similarly, but not quite as often I hear people confuse the words danger and dangerous. 

In the same way as safety and safe, danger is the noun and dangerous is the adjective. 

For example

“Danger! Do not enter. High Voltage Wires”

“Don’t touch that cable. It is old and frayed and looks a bit dangerous. I’ll buy a new one today.

Conclusion

So there it is. The difference between safe and safety is pretty obvious and not so difficult to master as long as you remember that safe is an adjective so we can use it to talk describe things like places, people, areas, neighbourhoods, and more, and safety is a noun so it is often used on signs and in announcements like I showed you above. Hope that comes in handy. 

Jaimie


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

【ハロウィンで使える英語】「Come back to haunt you」ってどういう意味?

ケンジントン英会話ブログ:

講師ヘンリー

こんにちは。ブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。
10月は魂や幽霊、私たちを悩ませる不気味なものなどを考える時期ですね。
この季節にふさわしく、このブログでは「Come back to haunt you」というイディオムの意味、成り立ち、そして使い方を見ていきたいと思います。

 

「Come back to haunt you」の意味

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンで使える英語】「Come back to haunt you」ってどういう意味?

Come back to haunt you」というイディオムは、過去にした行動、決断、または過ちが再浮上し、後に問題や後悔を引き起こす可能性があることを意味しています。
まるであなたの記憶につきまとう幽霊のように。

これは、過去の過ちや悪い決断が現在または将来に悪影響を及ぼす状況を表しています。

 

「Come back to haunt you」の成り立ち

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンで使える英語】「Come back to haunt you」ってどういう意味?

このイディオムの起源は、特定の歴史的出来事や話に結びついているわけではありません。
代わりに、一般的な人間の経験である後悔や、過去の過ちや行動が人生に長期的な影響を及ぼすという考えに基づいています。
過去からの不気味な幽霊のように…

 

「Come back to haunt you」の使い方

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンで使える英語】「Come back to haunt you」ってどういう意味?

このイディオムは、職場、家庭、社会的な状況など、さまざまな場面で使われ、誰かに現在の行動が将来悪い結果をもたらす可能性があることを警告したり、思い出させたりするために使われます。

[例文]

Be careful what you say about your boss; it might come back to haunt you in the future.
(上司について何を言うかには気をつけて。それが将来、あなたに災いとして戻ってくるかもしれません。)

Skipping classes now may seem fun, but it could come back to haunt you when you’re trying to graduate.
(今クラスをパスするのは楽しいかもしれませんが、卒業しようとしているときにそれがあなたを悩ます原因になるかもしれません。)

Investing in that risky business venture might come back to haunt you if it fails.
(そのリスクの高いビジネスベンチャーに投資することは、それが失敗した場合、あなたに災いとして戻ってくるかもしれません。)

 

「Come back to haunt you」に似た表現

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンで使える英語】「Come back to haunt you」ってどういう意味?

「Come back to haunt you」と似ている表現はたくさんあります。
ここではその中の二つをご紹介します。

Reap what you sow

[意味]
自分でまいた種は自分で刈ることになる。(
将来の結果は通常、現在の行動によって形作られる。)

[例文]
Tom cheated on his exams throughout high school, and now he’s failing all his college courses. He’s just reaping what he sowed.
(トムは高校時代、試験でずっとカンニングをしていたので、今では彼は大学の全てのコースで失敗しています。彼は今自分でまいた種を刈っているのです。)

Dig your own grave

[意味]
自分の墓穴を掘る。(
自分に多くのトラブルを引き起こす、またはキャリア、関係、結婚などを終わらせる愚かなことをすること。)

[例文]
By refusing to apologize for his rude comments, John dug his own grave and lost many friends in the process.
(失礼なコメントに対する謝罪を拒否することで、ジョンは自分の墓穴を掘り、その過程で多くの友人を失いました。)

 

私が経験した怖いこと

怖い話といえば、私が最初に経験したハロウィンは、私が10歳頃の時に見たハロウィンの映画を通してでした。

当時、私の母国(ウガンダ)ではハロウィンは祝われておらず、その映画は私を恐怖に陥れました!
長い間、それが頭から離れませんでした。
私は、それが長い間私を悩ませ、ハロウィンを嫌いにさせたと思います。

近頃は、ハロウィンは私の国でも楽しい日となっています。
若者たちは面白い衣装を着て、ハロウィンのパーティーやパレードを楽しんでいます。

 

まとめ

幽霊、ゴブリン、そしてハロウィンに関連する生き物が毎年10月31日に「haunt (出没)」するように、過去に行われた悪い行動、過ち、または決定が、現在または将来、私たちに問題やトラブルを引き起こすかもしれません。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

“Come back to haunt you” 

Hello there, I’m glad you’ve stopped by.
It’s that time of the year when we think of spirits, ghosts and other spooky things that come to “haunt” us.
In the spirit of the season, we’ll be looking at the meaning, origin and usage of the idiom, “Come back to haunt you”.  

Meaning 

The idiom “come back to haunt you” means that an action, a decision or mistake you made in the past, can resurface and cause problems or regrets later on for you, just like a ghost or spirit haunting your memory.
It describes a situation where a mistake or a bad decision in the past has negative consequences in the present or future.

Origin

The origin of this idiom is not tied to a specific historical event or story. Instead, it draws upon the common human experience of regret and the idea that past mistakes or actions can have a lasting impact on one’s life. Like a spooky ghost from the past…

Usage

The idiom is used in various settings like workplace, family, social situations to warn or remind someone that their actions now may have bad consequences in the future.

Examples

Be careful what you say about your boss; it might come back to haunt you in the future.
Skipping classes now may seem fun, but it could come back to haunt you when you’re trying to graduate.
Investing in that risky business venture might come back to haunt you if it fails.

Similar expressions 

There are many expressions that may be similar to “come back to haunt you”
Here are two:

Reap what you sow”: Future consequences are usually shaped by present actions.

 Tom cheated on his exams throughout high school, and now he’s failing all his college courses. He’s just reaping what he sowed.

Dig your own grave: Doing something foolish which causes you a lot of trouble or even ends your career, relationship, marriage etc.

By refusing to apologize for his rude comments, John dug his own grave and lost many friends in the process.

Speaking of scary things from the past, my first “experience” of  Halloween was  through a Halloween movie that I watched when I was about 10 years old

At that time, Halloween was not celebrated in my home country (Uganda). The movie terrified me! I couldn’t get it off my mind for a long time. I’d say, it haunted me for a long time and made me hate Halloween.
Nowadays, Halloween is a fun holiday in my country. Young people love to dress up in funny outfits and have Halloween parties and parades.

To sum up, just like ghosts, goblins, ghosts and other creatures associated with Halloween, come back to “haunt” us every year on October 31st, bad actions, mistakes or decisions made in the past may haunt or cause trouble for us in the present or future.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

【ハロウィンで使える英語】「幽霊でも見たようだね」 – You look like you’ve seen a ghost

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンで使える英語】「幽霊でも見たようだね」 - You look like you’ve seen a ghost

講師デニー

ハッピーハロウィン!

まあ、まだ早いですが、この記事を書いている今はもう10月です。この月のメインのイベントはハロウィンですね。
ハロウィンは、ホラーをテーマに子どもたちがモンスターに仮装して近所を回り、お菓子をもらったりするイベントとして世界中で知られ、祝われています。
大人たちもパーティーを開いたり、仮装を楽しんだりします。

今日のテーマはハロウィンそのものについてではなく、「You look like you’ve seen a ghost (幽霊でも見たようだね)」というフレーズです。
これは、ある特定の感情を表現するのにとてもよく使われる役立つフレーズです。
それでは詳しく見ていきましょう。

 

「You look like you’ve seen a ghost」の意味

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンで使える英語】「幽霊でも見たようだね」 - You look like you’ve seen a ghost

You look like you’ve seen a ghost」は基本的に、何かに驚いたり、何かに怖がっているように見えるという意味です。
この表現は幅広く使え、人が怖がっているように見えるという意味だけでなく、誰かの顔色が悪いときにも使えます。
このフレーズは基本的に、誰かが元気がないように見える、または何かによって動揺しているように見えることを伝える方法です。

 

「You look like you’ve seen a ghost」の例文

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンで使える英語】「幽霊でも見たようだね」 - You look like you’ve seen a ghost

日常の会話での使い方の例をご紹介します。

[例文]

Hi Mike. Ooh, you look like you’ve seen a ghost, are you okay?
(やあ、マイク。わあ、幽霊でも見たように顔色が悪いね。大丈夫?)

Hey you don’t look too good today. In fact, you look like you’ve seen a ghost.
(今日は元気がなさそうだね。実際、幽霊でも見たように顔色が悪いよ。)

You look like you’ve seen a ghost, did something happen at school?
(幽霊でも見たように顔色が悪いよ。学校で何かあった?)

一般的に、このフレーズは「you look pale (顔色が悪い)」、「you look ill (具合が悪そうだ)」、「you don’t look well (元気がなさそうだ、顔色が悪い)」などと同じ意味で使われます。

 

私のハロウィンの経験

私はオーストラリアではハロウィン関連のイベントにあまり参加したことがありません。
オーストラリアにもハロウィンのイベントはありますが、それは主にホームパーティーの形で行われ、参加するかどうかは個人の判断によります。

日本では、ハロウィンをテーマにしたパーティーに数回参加しました。
コスプレをする人がたくさんいて、とても楽しかったです。
私は実際、自分の服装や演技で少し怖がらせるのが好きなので、誰かを「幽霊でも見たような顔」にさせるという目標は私にとって楽しいものです!

私がハロウィンを祝う方法は、10月にお気に入りのspooky (怖い、不気味) なテーマの映画を観ることです。
私が特に好きな映画は、「The Guest」、「Big Trouble in Little China」、「Bram Stoker’s Dracula」です。

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンで使える英語】「幽霊でも見たようだね」 - You look like you’ve seen a ghost

 

まとめ

これで会話の中でのこのフレーズの使い方が分かりました。
あなたが「You look like you’ve seen a ghost」と言われたときにも、意味がわかるようになったと思います。
しかし、もっとシンプルに「you look pale (顔色が悪い)」とか「you don’t look well (元気がなさそうだ、顔色が悪い)」などと言うだけでも十分です。この言い方は簡単で効率的ですね!

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Halloween and “You Look Like You’ve Seen a Ghost”

Happy Halloween!

Well, not yet, but as of this writing, it’s October and Halloween is the major event for this month. Halloween is known and celebrated around the world primarily for its horror themes, where kids would dress up as monsters and go around a neighborhood asking for treats (or tricks). Adults would also party and dress up, too.

Today’s topic however is about the phrase “You look like you’ve seen a ghost”, which is a fairly common and useful phrase in English to express certain feelings. Let’s get into it.

What Does it Mean?

“You look like you’ve seen a ghost” basically means that someone looks as if they’ve seen something that has shocked or scared them in some way. It’s rather broad in how it can be used, as not only can it be used as a way to describe how someone seems scared, but also their complexion, such as when someone looks very pale or ill. It’s a way to tell someone that they don’t look well or seem unnerved by something, essentially.

Use Case Examples

Here are a few ways it could be used in common conversations:

“Hi Mike. Ooh, you look like you’ve seen a ghost, are you okay?”

“Hey you don’t look too good today. In fact, you look like you’ve seen a ghost.”

“You look like you’ve seen a ghost, did something happen at school?”

Generally, the phrase replaces things such as “you look pale” “you look ill” and “you don’t look well”.

Experiences with Halloween

Personally, I haven’t done many Halloween related events in Australia, as while Australia does have them, it’s usually in the form of home parties and depends on the individual.

In Japan, I’ve been to a few Halloween themed parties. There was a lot of cosplay involved and it was pretty fun. I like to actually be a bit scary with my outfits and acting, so the goal of making someone look as if they’ve seen a ghost is a fun one for me!

The way I personally celebrate Halloween is by watching some of my favorite “spooky” themed films for the month. There’s a few films I particularly like, such as “The Guest”, “Big Trouble in Little China” and “Bram Stoker’s Dracula”.

Conclusion

Hopefully you now know how to use the phrase in a conversation and understand it when it’s said to you, but to keep it simple, you could always just say “you look pale” or “you don’t look well”. That’s efficient and easy English!


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

【ハロウィンでつかえる英語】「ゾッとさせる」は英語でなに? – “make your blood run cold”の使い方

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンでつかえる英語】「ゾッとさせる」は英語でなに? - “make your blood run cold”の使い方

講師ジェイミー

みなさん、こんにちは。
ご存知の通り、今月はハロウィンです。
ケンジントン英会話に長くいる方は、私たちのレッスンがハロウィンをテーマにしたものになることを知っているでしょう。
そのレッスンではハロウィンの伝統や、あなたが体験した怖い映画、本、経験、そしてあなたの最も深くて暗い恐怖について話し合いますよ!

 

ハロウィンの起源

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンでつかえる英語】「ゾッとさせる」は英語でなに? - “make your blood run cold”の使い方

現在のハロウィンは、人々が仮装してハロウィンのパーティーやパレードに参加したり、トリックオアトリートを楽しんだりするものとして知られていますが、ハロウィンは実は約2000年前、ヨーロッパで始まったものだと知っていましたか?
当時は、お盆と似たような意味合いで、その日に死者との距離が近くなり、霊とコミュニケーションを取ることができると信じられていました。
もちろん、すべての霊が善意を持っているわけではないので、邪悪な霊を追い払うための様々な儀式が行われていました。
人々は動物の頭や皮を身につけてこれらの儀式に参加していたこともあり、これが現代のハロウィンの「コスプレ」の起源かもしれません。

 

「ゾッとさせる (make your blood run cold)」の例文

英語には何かが怖い、または怖かったという表現がたくさんありますが、私のお気に入りの一つは「make your blood run cold」です。
これは極度の恐怖を感じること、ゾッとさせることを意味します。
いくつか例を挙げます。

The shower scene from “Psycho” always makes my blood run cold.
(「サイコ」のシャワーシーンはいつも私をゾッとさせます。)

I almost stood on very large snake in Nishi Koen a few years ago. the thought of it still makes my blood run cold.
(数年前、西公園で非常に大きな蛇を踏みそうになりました。それを考えるだけで今でもゾッとします。)
※これは実話です。

No matter how long I stay in Japan, even the smallest of earthquakes makes my blood run cold.
(日本にどれだけ長くいても、小さな地震でさえも私をゾッとさせます。)

 

「make your blood run cold」と類似したフレーズ

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンでつかえる英語】「ゾッとさせる」は英語でなに? - “make your blood run cold”の使い方

Send Shivers Down Your Spine

My mum hates spiders. She can’t even see pictures of them without getting shivers down her spine.
(私の母は蜘蛛が嫌いです。写真を見るだけで彼女は背筋が震えます。)

Scare You to Death

I almost got hit by a truck last night at the traffic lights. I’m fine but it was a really close shave and nearly scared me to death.
(昨夜、信号のところでトラックにひかれそうになりました。無事ですが、本当に危ない目に遭い、死ぬほど怖かったです。)

Chill You to the Bone

I used to live in a haunted house when I was a kid. I can’t forget what it was like living there and every time I walk past it still chills me to the bone.
(子どもの頃、私は幽霊屋敷に住んでいました。そこでの生活は忘れられません。今でもそこを通り過ぎるたびに、骨の髄まで冷えます。)

※これも実話です!機会があれば、レッスンの時に私にその話を聞いてみてください。鳥肌が立つでしょう!

 

スコットランドのハロウィン

ケンジントン英会話ブログ:【ハロウィンでつかえる英語】「ゾッとさせる」は英語でなに? - “make your blood run cold”の使い方

スコットランドのハロウィンはアメリカの映画で見るものとは少し異なりますが、考え方はほぼ同じです。
まず、スコットランドの子どもたちは仮装して外に出ますが、「トリックオアトリート」という言葉は使いません。
スコットランドでは「guising」と呼ばれており、家を訪ねると中に招かれて何かを披露しなければキャンディーをもらえません。
それは冗談やなぞなぞ、歌、詩など何でも良いのです。
私が20歳頃、2人の子どもが私のリビングで社交ダンスを披露したことがありますよ!

以上が今回のブログの内容です。
恐怖について話す際に使えるさまざまな表現がいくつかありましたね。
これらが役立つことを願っています。そしてみなさん、ハッピー・ハロウィン!

ジェイミー

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Hello there everyone, 

As I’m sure you are all aware, this month it is Halloween and if you have been in Kensington for a while you know some of our discussion will be Halloween themed and we will be talking about Halloween traditions, what scary movies, books, and experiences you have had, and some of your deepest darkest fears!

Halloween’s Origins

You all know Halloween as it is now with people dressing up and going to Halloween parties and parades, trick or treating and generally having a fun time, but did you know that Halloween is actually around 2000 years and originates in Europe? In those days it was similar in some ways to Obon in that people believed that on that day it was possible to be closer to the dead and communicate with spirits. Of course not all spirits had good intentions so a number of practices were put in place to drive evil ones away. People also used to wear animal heads and skins to these ceremonies too and this may be the origin of the modern day “cosplay” theme of Halloween.

 

Make your Blood Run Cold

There are many ways to say something scares or scared you in English and here is one of my favourites. “make your blood run cold”

“Make your blood run cold” means to feel extreme fear. Here are a couple of examples.

“The shower scene from “Psycho” always makes my blood run cold”.

“ I almost stood on very large snake in Nishi Koen a few years ago. the thought of it still makes my blood run cold” ( true story)

“No matter how long I stay in Japan, even the smallest of earthquakes makes my blood run cold.”

Similar Phrases

Send Shivers Down Your Spine. 

“My mum hates spiders. She can’t even see pictures of them without getting shivers down her spine.”

Scare You to Death

“I almost got hit by a truck last night at the traffic lights. I’m fine but it was a really close shave and nearly scared me to death.”

Chill You to the Bone

“I used to live in a haunted house when I was a kid. I can’t forget what it was like living there and every time I walk past it still chills me to the bone.”

P.S This one is also a true story! If you get the chance, ask me about it in class. It’ll give you goosebumps!

Halloween in Scotland

Halloween in Scotland is slightly different to what you see in American films but the idea is pretty similar. Firstly, Scottish kids will dress up and go out but we don’t use “trick or treat”. In Scotland it is called “guising” and the main difference is that when we visit a home we are invited in and have to perform a “party piece” before we are given any candy.  The party piece can be a joke, riddle, song, poem, or anything at all. On one memorable occasion when I was about twenty years old, a couple of kids came and performed a ballroom dance in my living room! 

So there you go everyone. As you can say there are some really nice colourful expressions we can use to talk about our fears. I hope these come in handy and a very happy Halloween to all of you. 

Jaimie


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム

アメリカのスラング「hunky-dory」ってどういう意味?【例文つきで解説】

ケンジントン英会話ブログ:アメリカのスラング「hunky-dory」ってどういう意味?【例文つきで解説】

【執筆:講師ヘンリー

こんにちは、お元気ですか?
Is everything hunky-dory? (全てうまくいっていますか?)

「hunky-dory」は、古いアメリカのスラングです。
このブログでは、この「hunky-dory」の意味と使い方を解説していきます。

 

「everything is hunky-dory」の意味と由来

ケンジントン英会話ブログ:アメリカのスラング「hunky-dory」ってどういう意味?【例文つきで解説】

everything is hunky-dory」は、非公式な表現で、物事がとてもよく進んでいる、または完全に問題ないことを意味します。
物事がうまく進んでいるという満足感を表現する方法です。

hunky-dory」は横浜市の「本町通」からきた言葉ではないかという説があります。
「本町通」は、過去に西洋の船員、特にアメリカ海軍の将校が休暇中に楽しい時間を過ごした横浜市の主要な通りです。

一方で、これは19世紀のアメリカのスラングから来たのかもしれないと言う人もいます。
hunky」は「愉快」や「良い」を意味し、「dory」は小型の漁船を指していました。時間とともに、これら二つの単語が組み合わされて「hunky-dory」が生まれたのかもしれません。

 

「hunky-dory」を使った例文

Despite some difficulties at the beginning of the trip, the vacation turned out to be hunky-dory, and we had a fantastic time in Malta.
(旅行の始めには若干の困難がありましたが、結局は全てがうまくいって、マルタで素晴らしい時間を過ごしました。)

I was worried about the interview, but it went hunky-dory, and I got the job.
(面接について心配していましたが、うまくいって、仕事を得ました。)

[会話の例]

ユミ:
Hey Kimberly, how was the camping trip last weekend?
(キンバリー、先週末のキャンプはどうだった?)

キンバリー:
Oh, it was fantastic, Yumi! We had great weather, and everything was hunky-dory.
(ああ、ユミ、素晴らしかったよ!天気も良くて、全てがうまくいったよ。)

 

「everything is hunky-dory」と似ている言葉

ケンジントン英会話ブログ:アメリカのスラング「hunky-dory」ってどういう意味?【例文つきで解説】

「everything is hunky-dory」に似た言葉や表現は多くあります。

going swimmingly「快調」

[例文]
The party is going swimmingly; everyone is having a great time.
(パーティーは順調に進んでいて、みんなが楽しんでいます。)

in good shape「好調、体が強い」

[例文]
Our finances are in good shape. We can hire another receptionist if necessary.
(私たちの財政状態は好調です。必要であれば、もう一人の受付を雇うことができます。)

all is well「万事順調」

[例文]
Don’t worry, all is well with the plan.
(心配しないでください。計画は万事順調です。)

 

私の「everything is hunky-dory」

私の「everything is hunky-dory」な経験を言うとしたら、そうですね、娘が今年初めに大阪で仕事のために引っ越した時、私は心配していましたが、これまでのところ「everything is hunky-dory」(全てうまくいってる) です。

 

まとめ

「everything is hunky-dory」とは、物事が順調または満足のいくように進んでいるとカジュアルに言う方法です。心配する必要はありません。

ただし、この表現は非常にインフォーマル(非公式)なので、正式な状況では使用は避けるべきであることに注意してください。

 

実践的な英語ならケンジントン英会話

ケンジントン英会話では、教科書には載っていない、生きた表現を身に付けられます。
福岡市内の教室やオンラインで、経験豊富でフレンドリーな講師と一緒に英語を学びませんか?
実践的な英語を学びたい方はケンジントン英会話の公式サイトをチェック!

 

 

[英語原文]

Everything is “hunky-dory”

Hello there, how are you? Is everything hunky-dory?
Hunky-dory? What’s that?
It’s an old American slang or informal expression whose meaning and usage I’m explaining in the next few paragraphs.

 Meaning and origin of “everything is hunky-dory” 

Everything is hunky-dory is an informal expression which means that  things are going very well or are perfectly fine. It’s a way of expressing satisfaction with how things are going.
Some people think that “hunky-dory” probably means  “Honcho dori” is a Main street in Yokohama city, Japan where western sailors,especially the American navy officers,  used to have a good time during their time off in the past.
While others say that it may have originated from American slang in the 19th century. “Hunky” was used to mean “pleasant” or “fine,” and “dory” referred to a type of small fishing boat. Over time, these two words may have been combined to create “hunky-dory.”

Usage Examples:

 Despite some difficulties at the beginning of the trip, the vacation turned out to be hunky-dory, and we had a fantastic time in Malta.

I was worried about the interview, but it went hunky-dory, and I got the job.

In a dialogue:

Yumi: Hey Kimberly, how was the camping trip last weekend?

Kimberly: Oh, it was fantastic, Yumi! We had great weather, and everything was hunky-dory.

 Words similar to “everything is hunky-dory” 

Among the many similar words or expressions to hunky-dory are:
 “ Going swimmingly”  The party is going swimmingly; everyone is having a great time.
“In good shape”     Our finances are in good shape. We can hire another receptionist if necessary.
“All is well” Don’t worry, all is well with the plan.

Any personal experiences with “everything hunky-dory”?

Well, I was worried when my daughter moved to Osaka for work earlier this year, but everything seems to be hunky-dory so far. 

All in all, hunky-dory is an informal way to say that things are going alright or satisfactorily. No need to worry.
It should be noted however that this expression is very informal, so it should be avoided in formal situations.


~*~*~*~ \ Follow me / ~*~*~*~

Instagram : @kensington_eikaiwa

Twitter : @Kensington_Eng

Facebook : @kensingtoneikaiwa

YouTube : KENSINGTON英会話

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆お問い合わせはこちら
ケンジントン英会話:お問い合わせフォーム